エンジン

トヨタ4A-Gはハチロク以外にも搭載車がある!さらにチューニングもご紹介

トヨタ4A-Gを解説

トヨタの名機と言えば、あのAE86に搭載されていた『4A-Gエンジン』を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

高回転までスムーズに回り、甲高いサウンド。

現代のエンジンと比べれば、とても高性能とは言い難いですがそれでもなお根強い人気で車好きから愛されているエンジンです。

しかし『4A-Gについて詳しく知っている人』や『AE86以外の搭載車種を知っている人』は少ないですよね。

そこで今回は、トヨタの名機4A-Gについて、歴史からスペック、搭載車種などをまとめてきました。

具体的には、この記事の前半部分で4A-Gの概要や歴史、スペックなどをご紹介し、

後半にて搭載車種やメンテナンス、チューニングなどを深堀りしていきます。

この記事は4A-Gについて詳しく知りたい方や4A-G搭載車種の購入を検討されている方に読んで頂きたい内容となっておりますので、ぜひご一読くださいね。

では参ります。




4A-Gの概要と歴史

↓は4A-GEのエンジンサウンドの動画『Amazing Toyota AE86 / 4AGE Sound Compilation』です。音量注意!


先程も簡単にご紹介いたしましたが、4A-G型エンジンはトヨタが製造していたスポーツツインカム系列のエンジンの1つです。

そこでまずは4A-G型エンジンを理解するために、4A-Gの歴史から見ていきましょう。

4A-Gの登場は1983年!

この4A-G型エンジンが登場したのは1983年。

初めて搭載された車種は、あのAE86型カローラレビンとスプリンタートレノです。

さらに詳しくご紹介すると、直列4気筒1,600ccエンジンの2T-G系の後継機として開発されました。

この2T-G系エンジンは、トヨタ製4気筒スポーツユニットの主力機種。

しかしこの2T-G系エンジンは、度重なる自動車排気ガス規制に対応するために、開発当初よりもパワーダウンを余儀なくされ、基本設計も古いため、時代遅れのエンジンと言わざるを得なくなっていたのです。

そこで新たなエンジンとして、

  • 直列4気筒1,600cc
  • 前輪駆動・後輪駆動・ミッドシップ用
  • DOHC16バルブ(のちDOHC20バルブ)
  • 自然吸気orスーパーチャージャー付きエンジン

として4A-G型エンジンが登場しました。

トヨタのエンジンの中でも根強い人気を誇る名機

この4A-G型エンジンは、直列4気筒1,500ccの『3A-U』エンジンがベースです。

とはいえ、3A-UエンジンがSOHC方式のヘッドユニットだったため、4A-G型エンジンでは、

  • DOHC方式へ変更
  • 吸気2バルブ・排気2バルブの16バルブ
    (2T-G系では2バルブ)

に進化しています。

その後、AE101系のカローラ・スプリンターからは、

  • 吸気3バルブ
  • 排気2バルブ

の1気筒あたり5バルブの20バルブヘッドへ進化。

このタイミングでトヨタの可変バルブタイミングシステムである『VVT』が搭載されています。

一方で初期型は

  • レギュラーガソリン仕様
  • 可変吸気システムのT-VIS

となっており、ハイオクガソリン対応となった際にT-VISが廃止され、前述の『VVT』へ移行しています。

またVVTが採用されたことに加えて、

  • ハイオクガソリンの普及
  • エンジン制御用のコンピューターの性能向上

などからエンジンの出力が向上し、パワーと扱いやすい燃費の両立を行っています。

4A-Gはトヨタ単独開発

実はトヨタのスポーツDOHCエンジンの多くは、ヤマハ発動機との共同開発です。

具体的には、2000GTの開発以来トヨタとヤマハはパートナーシップを組んでいました。

しかしこの4A-G型エンジンは、歴代の4A-Gシリーズ全てにおいてトヨタの単独開発という特徴があります。

そのため他の車種のエンジンで、ヤマハとの共同開発のエンジンであれば、『YAMAHA』と刻印があるのですが、4A-G型エンジンに関しては、ヤマハの刻印はありません。

また生産も他の共同開発のエンジンとは異なります。

イニシャルDのハチロク(スプリンタートレノ)で有名に

↓は『AE86 1万1千回転 サウンド 11000回転まできっちり回せ リアル頭文字d』というイニシャルDの名言を再現している動画です。音量注意!


AE86型スプリンタートレノやカローラレビンの、発売されている時期は、言葉を選ばずにお伝えするなら、ただの普通車というような認識でした。

つまり今のようなAE86の人気は発売されていた当時は、無かったのです。

その後、イニシャルDの主人公の乗る車としてAE86型スプリンタートレノが登場し、そこで初めてハチロクという車が人気になりました。

そのためAE86という車、4A-Gというエンジンは、新車発売が終了した後に人気になった珍しい車種なのです。

ちなみに4A-G型のエンジンは、長きにわたりトヨタのスポーツツインカムエンジン主力だったため、エンジンの載せ替えが比較的簡単という特徴もあり、

AE86型スプリンタートレノやカローラレビンに、AE92型やAE111型の4A-Gエンジンを載せ替え、ハチロクのパワーアップをするカスタムもございます。




4A-Gのバリエーションと各スペック

↓は『4AG 16バルブ vs. 20バルブ AE86バトル!!【Best MOTORing】』の動画です。音量注意!

ではここからは4A-Gのバリエーションと各スペックについてご紹介していきますね。

ちなみに、4A-G型エンジンのNAモデルの名称には、

  • 4A-GEU
  • 4A-GELU

の2種類ありますが、この違いはエンジンの搭載方法が

  • 縦置き(4A-GEU)
  • 横置き(4A-GELU)

の違いだけです。

さらに縦置き形式のエンジンの生産が終了した後には『L』の表記がなくなり、4A-GEUに統一されています。

それではさらに歴代の4A-Gのスペックについて、NAと過給器モデルの2つに分けてご紹介していきます。

【NAモデル】4A-Gの歴代スペック

NAモデルの4A-G型エンジンには、16バルブと後の20バルブモデルが存在します。

そのため、まずは16バルブからご紹介していきますね。

◯16バルブ仕様

登場 1983年5月 1984年6月 1987年5月 1989年5月
名称 4A-GEU 4A-GELU 4A-GELU 4A-GEU
通称 青文字 無し 赤文字、キューニー前期 ハイコン、カバー付、キューニー後期
搭載時 AE86型カローラレビン スプリンタートレノ AW11型MR2前期型搭載 AE92型カローラレビン スプリンタートレノ前期型搭載 AE92型カローラレビン スプリンタートレノ後期型搭載
最高出力 130PS/6,600rpm 130PS/6,600rpm 120PS/6,600rpm 140PS/7,200rpm
最大トルク 15.2kg・m/5,200rpm 15.2kg・m/5,200rpm 14.5kg・m/5,200rpm 15.0kg・m/6,000rpm
排気量 1,587cc 1,587cc 1,587cc 1,587cc
内径×行程 81.0mm×77.0mm 81.0mm×77.0mm 81.0mm×77.0mm 81.0mm×77.0mm
圧縮比 9.4 9.4 9.4 10.3
使用燃料 レギュラーガソリン レギュラーガソリン レギュラーガソリン ハイオクガソリン

◯20バルブ仕様

登場 1991年6月 1995年5月
名称 4A-GE 4A-GE
通称 銀ヘッド 黒ヘッド
搭載時 AE101型カローラレビン搭載時 AE111型カローラレビン搭載時
最高出力 160PS/7,400rpm 165PS/7,800rpm
最大トルク 16.5kg・m/5,200rpm 16.5kg・m/5,600rpm
排気量 1,587cc 1,587cc
内径×行程 81.0mm×77.0mm 81.0mm×77.0mm
圧縮比 10.5 11.0
使用燃料 ハイオクガソリン ハイオクガソリン

【過給機付モデル】4A-Gの歴代スペック

登場 1986年8月 1989年5月 1991年6月
名称 4A-GZE 4A-GZE 4A-GZE
通称 無し 無し 無し
搭載時 AW11型MR2および前期型AE92型カローラレビン スプリンタートレノ搭載時 後期型AE92型カローラレビン スプリンタートレノ搭載時 AE101型カローラレビン スプリンタートレノ前期型搭載時
最高出力 145PS/6,400rpm 165PS/6,400rpm 170PS/6,400rpm
最大トルク 19.0kg・m/4,400rpm 21.0kg・m/4,400rpm 21.0kg・m/4,400rpm
排気量 1,587cc 1,587cc 1,587cc
内径×行程 81.0mm×77.0mm 81.0mm×77.0mm 81.0mm×77.0mm
圧縮比 8.0 8.9 8.9
使用燃料 レギュラーガソリン ハイオクガソリン ハイオクガソリン

ハチロクだけじゃない!4A-Gが搭載された名車達

ハチロク以外にもたくさんの車種に4A-G型エンジンは搭載されました。

そこでここからは、4A-G搭載の車に乗りたいという方向けに4A-Gが搭載されていた名車達をご紹介していきます。

先にまとめると、

  • カローラGT/スプリンターGT
  • カローラレビン/スプリンタートレノ
  • カローラワゴンBZ-ツーリング
  • カローラセレス/スプリンターマリノ
  • カローラFX
  • スプリンターカリブ
  • スプリンターシエロ
  • コロナ/カリーナ
  • セリカ
  • MR2
  • シボレー・ノヴァ
  • ジオ・プリズム

になります。

ではさらに各車種について簡単な解説と中古車相場を見ていきましょう。

カローラGT

カローラは、トヨタが1966年から製造している乗用車のブランドの1つです。

その中で4A-G型エンジンが搭載されていたのが『カローラGT』。

さらに細かくご紹介すると、

  • 5代目(E8#型):1983年~1987年
  • 6代目(E9#型):1987年~1991年
  • 7代目(E10#型):1991年~2002年

のモデルに4A-Gが搭載されていました。

中古車価格相場 29.8万円~144.3万円

>>>今すぐカローラGTをカーセンサーで見てみる




スプリンターGT

スプリンターはトヨタが1968年から2002年まで日本国内で販売していた小型の乗用車で、カローラの姉妹車にあたります。

このスプリンターにもカローラと同じく『GT』というグレードの車種に4A-G型エンジンが搭載されていました。

型式では

  • 5代目(E80型):1983年~1987年
  • 6代目(E90型):1987年~1991年
  • 7代目(E100型):1991年~2002年
  • 8代目(E110型):1995年~2000年
中古車価格相場 19万円~55万円

>>>今すぐスプリンターGTをカーセンサーで見てみる

カローラレビン

カローラレビンはカローラセダンをベースに製造されていた小型クーペです。

ご存じの方も多いでしょうが、スプリンタートレノと車体や内外装部品を同じくする姉妹車。

そのカローラレビンにも、

4代目(カローラシリーズでは通算5代目)のAE86型から

  • 5代目(カローラシリーズ通算6代目):AE92型
  • 6代目(カローラシリーズ通算7代目):AE101型
  • 7代目(カローラシリーズ通算8代目):AE111型

まで4A-G型エンジンが搭載されていました。

ハチロクとして人気が高騰しており、トレノ同様、中古車価格は上昇の一途をたどっています。

中古車価格相場 99万円~445万円

>>>今すぐカローラレビンをカーセンサーで見てみる

スプリンタートレノ

イニシャルDのハチロクでおなじみのスプリンタートレノ。

1.5~1.6Lくらすの小型スポーツクーペであり、カローラレビンと同じ車台を共有する姉妹車です。

実は4A-G型エンジンが搭載されていたのは、AE86スプリンタートレノだけでなく

  • 5代目:AE92型
  • 6代目:AE101型
  • 7代目:AE111型

にも4A-G型エンジンが搭載されていました。

イニシャルDの影響から現在でも中古車市場では高値で取引さており、AE86となると、下記のように中古車価格も高めです。

中古車価格相場 165万円~398万円

>>>今すぐスプリンタートレノをカーセンサーで見てみる

カローラワゴン BZツーリング


このカローラワゴンはカローラの派生車種で、ステーションワゴンタイプの乗用車になります。

このカローラワゴンにも4A-G型エンジンが搭載されていた過去があり、シリーズ通算7代目(E10#G型)にあたるカローラワゴン BZツーリングに、4A-GE型で20バルブのエンジンが搭載されました。

実はカローラワゴンは、日本国外仕様であれば初代モデルから存在していましたが、日本のカローラシリーズにラインナップされたのは、シリーズ通算4代目になります。

さらに4A-Gを搭載しているにも関わらず、比較的中古車価格も控えめなのが特徴です。

中古車価格相場 23万円~60万円

>>>今すぐカローラワゴン BZツーリングをカーセンサーで見てみる

カローラセレス


カローラセレスは、カローラシリーズの7代目(E100型)の派生車としてデビューした車です。

実は当時、トヨタの初のコンパクトクラスでの4ドアハードトップモデルという珍しい1台。

次でご紹介するスプリンターマリノとは姉妹車にあたり、ほとんどが共通でした。

違いとしては、フロントフェイスとテールライトのデザインのみ。

明確な違いを上げるならば、

  • カローラセレス:カローラ店
  • スプリンターマリノ:トヨタオート店(現ネッツ店)

という資本の異なる販売店から発売されていたことです。

中古車価格相場 79.8万円(該当車両1台のみ)

>>>今すぐカローラセレスをカーセンサーで見てみる

スプリンターマリノ

先程ご紹介したカローラセレスの姉妹車のスプリンターマリノにも4A-G型エンジンが搭載されていました。

こちらもスプリンターシリーズの7代目(E100型)の派生車としてデビューしており、トヨタ初のコンパクトクラスでのハードトップモデルです。

中古車価格相場 該当車輌無し

カローラFX

カローラFXは、1984年10月にカローラの追加車種としてデビューした乗用車で、3ドア・5ドアハッチバックのモデルがあります。

ちなみに駆動方式はFFです。

もともとは日本国外向けのモデルであったのですが、ホンダ・シビックが国内で販売好調だったことを受けて、ライバル車種として投入されました。

事実、当時のレースではスプリンタートレノやカローラレビンと共にライバルのシビックと激戦を繰り広げていた歴史もある、知られざる名車です。


そして4A-G型エンジンの搭載は、下記のモデルとなっています。

  • 初代(E8#H型):1984年~1987年
  • 2代目(E9#H型):1987年~1992年
  • 3代目(E10#H型):1992年~1995年
中古車価格相場 108万円(該当車輌2台のみ)

>>>今すぐカローラFXをカーセンサーで見てみる

スプリンターカリブ

スプリンターカリブは、トヨタの乗用車ベースの4輪駆動車で、今のクロスオーバーSUVのような立ち位置のステーションワゴンでした。

そのスプリンターカリブにも3代目(AE110G型)のBZツーリングに4A-G型エンジンが搭載されています。

中古車の球数が少ないながらも4A-G型エンジンを搭載している車種の中では、価格が低くお手頃な1台です。

中古車価格相場 26.5~59万円

>>>今すぐカローラFXをカーセンサーで見てみる

スプリンターシエロ

スプリンターシエロは、小型のハッチバックセダンです。

E80系スプリンターの5ドアセダンの後継車種にあたり、荷室を大きく取れるようにリア周辺が角張ったデザインとなっているのが特徴。

このスプリンターシエロにも初代のAE9型モデルに4A-G型エンジンが搭載されています。

中古車価格相場 該当車輌無し

コロナ

コロナは、1957年から1996年まで生産・販売されていたセダンです。

実はトヨタ車としては、初の国外でも生産された車種という珍しい過去を持っています。

そしてこの7代目に当たるT140型コロナのスポーツ仕様(GT系)に4A-G型エンジンが搭載されました。

しかし販売は、1983年から1985年までのわずか2年のみとなっている、今ではほとんどお目にかかれない旧車です。

中古車価格相場 140.4万円(該当車輌1台のみ)

>>>今すぐコロアをカーセンサーで見てみる

カリーナ

カリーナは1970年から2001年まで生産・販売されていたセダンで、シャシをセリカと共用していた乗用車です。

また先程ご紹介したコロナも同時期に販売されていたセダンですが、

  • カリーナはスポーツ感覚を忘れない4ドアセダン
  • コロナは落ち着いたファミリーセダン

という棲み分けがされていました。

そしてカリーナに4A-G型エンジンが搭載されていたモデルは、下記となっております。

  • 3代目(A6#型):1981年~1988年
  • 4代目( T15#/16#型):1984年~1988年
  • 5代目( T17#型):1988年~1992年
  • 7代目( T21#型):1996年~2001年
中古車価格相場 25~128万円

>>>今すぐカリーナをカーセンサーで見てみる

セリカ

セリカは1970年から2006年まで製造・販売されていたハードトップのクーペで、初代の『ダルマセリカ』などをご存知の方も多いですよね。

このセリカにも4A-G型エンジンが搭載されていました。

具体的には、

  • 3代目(A60型):1981年~1985年
  • 4代目(T160型):1985年~1989年

ですが、中古車市場にはほとんど出回らない希少車となっています。

中古車価格相場 該当車輌無し

MR2

MR2は日本国内市場向けに1984年から1999年までの間に製造・販売されていたクーペです。

日本の自動車メーカーでは初のミッドシップ車という貴重な存在。

そのMR2にも初代のAW11型に4A-G型エンジンが搭載されました。

販売期間も短いため、中古車市場では高値で取引され、パーツも廃盤が多くなり、さらなる価格高騰が予想される1台です。

中古車価格相場 65~335万円

>>>今すぐMR2をカーセンサーで見てみる

シボレー・ノヴァ

シボレー・ノヴァは、ゼネラルモーターズで生産され、シボレーブランドで販売されていた小型の乗用車です。

1961年からV8エンジンを搭載して製造されていましたが、販売不振に陥り1979年に一旦シリーズが終了します。

その後、1985年に突如として4A-G型エンジンを搭載した5代目シボレー・ノヴァが復活。

ボディはトヨタのスプリンターがベースとなっており、従来のシボレー・ノヴァらしさは無くなっています。

中古車価格相場 該当車輌無し




ジオ・プリズム

プリズムはかつてゼネラルモーターズとトヨタの合弁会社(NUMMI:ヌーミ)で製造し、ジオ・シボレーブランドで販売されていた乗用車です。

さらに先程ご紹介したシボレー・ノヴァの後継車種に位置し、スプリンターがベース。

このジオ・プリズムの初代(E9#型)に4A-G型エンジンが搭載されていました。

ちなみに製造は1989年~1992年です。

中古車価格相場 該当車輌無し

4A-Gのメンテナンス


4A-G型エンジンのメンテナンスも気になりますよね?

とはいえ、今なお現役で走っている4A-Gとなると、かなり劣化しておりオイル交換やタイミングベルトなどの交換は必須。

さらにオーバーホールも必須と言わざるを得ません。

そこでここからは、4A-G型エンジンのオーバーホールやコンプリートエンジンについてまとめてきました。

もちろんオーバーホール費用についても合わせてご紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

今のエンジンをオーバーホール

まずは今乗っているエンジンをオーバーホールする場合について見ていきましょう。

  • GARAGE ANNEX
  • トミサトレーシングサービス

などのショップでオーバーホールを行っています。

具体的な費用ですが、GARAGE ANNEXでは、41万円から下記の内容のオーバーホールを行っています。

  • 純正0.5mmオーバーサイズピストン
  • シリンダーボーリング
  • ピストン、コンロッド重量合わせ
  • ピストンリング交換
  • メタル類交換
  • ガスケット、シール類交換
  • タイミングベルト交換
  • TRD 0.8mmガスケット
  • 強化テンショナー
  • ウォーターポンプ交換交換
  • バルブ擦り合わせ
  • ポート段付き修正

(詳細はGARAGE ANNEX公式サイトへ)

一方でトミサトレーシングサービスでは、

  • シリンダヘッド面研:18,600円
  • クランクシャフト ダイナミックバランス調整:39,800円
  • バルブフェース研磨:19,800円

など細かくオーバーホール費用が決まっています。(詳細はトミサトレーシングサービス公式サイトへ)

また4A-Gの排気量アップや馬力アップなどを考えている方は、何度もエンジンをバラすよりは、オーバーホールに合わせてエンジン性能を上げるチューニングを施す方がトータルでは安くあがります。

そのため、もしオーバーホールを検討されている方は、後述で紹介するチューニングも参考にして頂ければ幸いです。

コンプリートエンジンの導入

では今車に搭載されているエンジンではなく、コンプリートエンジンやリビルドエンジンに載せ替える場合についても見ていきましょう。

などのショップからコンプリートエンジンやリビルドエンジンが販売されています。(各ショップ名をクリックすると公式サイトへ移ります)

費用は約47万円~となっており、性能や耐久性などによって費用が替わってきます。

今あるエンジンを手放すのは、心苦しいかもしれませんが、こちらの場合の方が、

  • オーバーホールよりも期間が短く済む
  • 故障のリスクが少ない
  • 性能のバランスが良い

などのメリットがあります。

愛車をリフレッシュしたい方は、ぜひ一度検討してみてくださいね。

4A-Gのチューニングは『7AG』がベスト?

↓は動画『衝撃映像!?テックアート鎌田さんのハチロクがジャジャ馬すぎる!! 』です。音量注意!


実は4A-Gのチューニングは様々あり、

  • スーパーチャージャー化
  • 5バルブ化
  • ボアアップ
  • キャブ化
    本来はEFI(電子制式インジェクション)

など多岐にわたります。

さらに現在4A-G型エンジンには、排気量をアップさせる

  • 4.5A-G
  • 5A-G
  • 5.5A-G
  • 7A-G
  • 8A-G

などと呼ばれるチューニングエンジンが存在しています。

各チューニング内容としては、

俗称 4.5A-G 5A-G 5.5A-G 7A-G 8A-G
チューニング内容 内径アップ HKS製5A-Gキット等による行程アップ HKS製5A-Gキット等を用いたものをさらに内径アップ ハイメカツインカム7A-FEのブロックを流用 ハイメカツインカム7A-FEのブロックを流用し内径アップ
排気量 1,666cc 1,710cc 1,796cc 1,762cc 1,850cc程度
内径×行程 83mm×77mm 81mm×83mm 83mm×83mm 81mm×85.5mm 不明

その中でもオススメなのが、7A-Gと呼ばれるチューニング。

上記にもあるように、7A-FEの腰下に4A-Gのヘッドを組み合わせて排気量をアップさせ、馬力・トルクを向上させるチューニングです。

排気量が上がることで低中回転域からのトルクも格段にアップします。

さらに

  • 他のチューニングに比べエンジン内部の加工が少ない
  • 7A-FEのシリンダーブロックの構造が純正で1,800ccとゆとりがある
  • 各部品代も抑えられる

といったメリットがあります。

特に、1,600ccで設計されている4A-Gをボアアップ・ストロークアップさせることも無いため、4.5A-Gや5A-G化するよりも構造上のリスクが少ないのも特徴です。
詳細はテックアート公式サイトへ

まとめ|4A-G搭載車に乗るなら今!

ここまで4A-G型エンジンの詳細や搭載車種、チューニングなどをご紹介してきました。

イニシャルDに登場し、販売終了後に人気となったAE86のエンジン。それが4A-Gでした。

現在では、決して早いエンジンとは言えませんが、高回転までスムーズに周り、人々を魅了するあの甲高いサウンド。

さらに早くないからこそ、街乗りでもエンジンのパワーを十分に使いながら車を走らせることができ、普段からドライブの楽しさを味わうことができる名機です。

しかし発売から数十年と時間が経ち、メンテナンスやチューニングには費用がかかってしまうのが現状。

さらに中古車の球数が減っているだけでなく、部品の廃盤も増えています。

そのため、4A-G型エンジン自体や搭載車種は、今後もさらに値上がりしていく可能性が高いと言えます。

もし4A-Gに乗りたいと考えている方は、今がチャンスかもしれませんので、ぜひこの機会に4A-G型エンジン搭載車種をチェックしてみてはいかがでしょうか?

>>>今すぐ4A-G型エンジン搭載車をカーセンサーで見てみる