値引き

フリード/ハイブリッドの限界値引き!リセールバリュー&ライバルを確認!

ホンダの小型ミニバンのフリード。

”ちょうどいい”をコンセプトに発売された同車は、道の狭い日本の道路事情に非常にマッチしているという点や、リーズナブルな価格設定ということもあり子育て世代を中心に人気の1台となっています。

最近マイナーチェンジをしてホンダ特有の個性的なフロントマスクに代わりましたが、気になるのが購入時の価格ではないでしょうか。

せっかく買うなら1万円でも安く買いたいですよね。
今記事では、フリードを購入するときに気になる値引き額やテクニックについて解説するだけでなく、売却時のリセールバリューまでも解説していきます。

Contents

ホンダ フリードの値引き ガソリン、ハイブリッドに差はある?

フリードにはまず大前提として

  • ガソリンエンジン
  • ハイブリッド

の2つのパワートレインがあります。

搭載されているユニットが違えば車両本体価格が変わります。
そうすると車両の値引き価格も変わってくるはずですよね。

ここではガソリンエンジンとハイブリッドの2つの視点を持ってから、値引き相場を価格.comに寄せられた生の声をもとに確認していきたいと思います。

ガソリンの値引き相場

まずはじめにガソリンエンジン車の値引き情報を見ていきましょう。
値引き情報は価格ドットコムのホンダ フリードの値引き情報を参考に見ていきます。

グレード:G・Honda SENSING(7人乗り)
本体値引き額:0万円
オプション値引き額:0万円

ガソリン車では唯一のマイナーチェンジ後の値引き情報です。
「値引きゼロ?」と思うかもしれませんが、この方はいわゆる「新古車」を購入したとのことです。
詳しくは後の項目で解説しますが、賢い買い方であるといえます。

グレード:G・Honda SENSING(6人乗り)
本体値引き額:20万円
オプション値引き額:10万円

マイナーチェンジ前の情報になりますが、この方が直近で最も高い値引き条件を引き出しています。
一見値引き額が低いように感じますが、総額30万円であれば妥当ではないでしょうか。

グレード:Modulo X・Honda SENSING(6人乗り)
本体値引き額:20万円
オプション値引き額:40万円

総額60万円ですごい!と思い詳細を確認したところ、この方は下取り車を売却し、納車前までレンタカーを手配してもらっていたようです。
オプション値引きにレンタカー相当の金額を計上し、あたかも値引きをしてもらったように見えていますが、実質的には20万円だったといってもいいでしょう。

ハイブリッドの値引き相場

次はハイブリッド仕様車の値引き結果を確認していきましょう。
ガソリンエンジン車との価格差が出るのかが要チェックのポイントですね。
こちらも同様に価格ドットコムのホンダ フリード ハイブリッドの値引き情報から見ていきます。

グレード:HYBRID G・Honda SENSING(7人乗り)
本体値引き額:25万円
オプション値引き額:5万円

こちらは値引き総額30万円とのことで、いい感じの値引きのようです。
ただ「オプションで77万円つけました。」とコメントがあり、もう少し粘れば+αの値引きを引き出すことができそうなポテンシャルを秘めていますね。

グレード:Modulo X・Honda SENSING(6人乗り)
本体値引き額:20万円
オプション値引き額:10万円

特別仕様車のModuloで総額30万はかなり高額な部類ではないでしょうか。
基本的に特別仕様車は標準車よりも値引きを絞られやすい(利益が少ないため)傾向にありますが、この方は素晴らしい交渉力を持っていることでしょう。
ホンダ→ホンダの乗り換えということもポイントなのかもしれません。

グレード:HYBRID G・Honda SENSING(6人乗り)
本体値引き額:30万円
オプション値引き額:5万円

この方がハイブリッドの中で最高の値引きをたたき出されました。
「ホンダの地元が近いということもあり、シエンタと競合なしでお得に買えました。」ということですが、メーカーのお膝元というのは値引きを引き出しやすいジンクスもあります。
ホンダであれば三重県鈴鹿市や埼玉県狭山市や寄居市などがお膝元となりますので、こちらの地域の方は値引きを引き出しやすいかもしれません。

値引き情報の総括

今回は6パターン見てみましたが、2019年10月のマイナーチェンジ後の値引き情報が新古車以外ありませんでした。
マイナーチェンジ前の値引き情報が多く出回っていますが、基本的に変わらないと思って大丈夫です。
値引きのテクニックは後述するライバル車を引き合いに出してみたり新古車を狙ってみるなどして工夫してみましょう。

ホンダ フリードの値引き相場は20万円~35万円

先ほど紹介したフリードの値引き情報から統計を取ると、現在における値引き相場は20万円~35万円ということがわかりました。

最高値がハイブリッドの35万円、ガソリン車と比較しても値引きの総額はあまり変わりませんね。

フリードの場合、ガソリン車とハイブリッド車は車両本体価格が違えどあくまでも同じ同じ車種として値引きが提示されているということになります。

値引き率で見ていくとハイブリッドよりもガソリンの方が値引き率が高くなりますが、これはハイブリッドの方が生産コストが高い(原価が高い)ということもあるでしょう。

ですが、なぜ紹介した6パターン値引き額は同一でないのか、ということが謎に感じるかもしれません。

それについて解説をすると

  • 購入する時期
  • 購入するグレードや色、オプションの量(価格)
  • 購入する地域
  • 購入するタイミング

などといった様々な要素が絡み合ってきます。

もっと簡単に言うと、
「人によって購入するタイミングや装着するオプションの価格が違うため値引き額に違いが出る」
ということ。

ディーラーも商売なので利益を出さなければなりません。
そこまで値引き要求をしてこなければ値引きをしないで販売をして利益を確保するのです。

こういった背景を頭の片隅に置いたうえで商談を進めていきましょう。

さらに注意したいのが商談するときのやり取り。

商談する相手も人ですから、商談時に
「ネットで○○万円引いたっていうのを見たからそこまで値引きしてよ!」
なんて言われたら気持ちのいいものではありません。

くれぐれも口走らないようにしましょうね。

下取りよりも20万円以上高くなることも…!下取りで安く買い叩かれ損したくない方は、まずは一括査定を申し込みすることがおすすめです。

一括査定では複数の買取店と買取価格を競わせるため、愛車が高値で売れる可能性がグンと高まります。

今一番人気の一括査定サービスがズバット車買取比較です。

申し込み段階でいくらが買取相場か教えてくれるため、下取り価格が高いか安いかの確認もできます。

申し込み無料、キャンセル料金も無料ですので気軽に利用できます。

まずは無料で買取相場を確認してみましょう。

>>【無料】ズバット一括査定で愛車をお試し査定してみる

>>ズバット車買取比較の口コミ評判はこちら<<

ホンダ フリードの値引き目標額はいくら?

それでは、実際に商談に臨む前にどれくらいの値引きしてもらうか、目標金額を定めていきましょう。

ここの項目では、大きく分けて

  • 車両本体価格
  • ディーラーオプション

の2つの柱から目標を定めていく必要が出てきます。

先ほどの値引き相場を見ていくと

  • 車両本体価格からの値引き:0~30万円
  • オプションからの値引き:0~20万円

という結果が出てきています。

ディーラーによっては「車両本体とディーラーオプション値引き金額を合算して提示する」ところもありますから、値引の合計金額で目標を定めるという方法をとることもあります。

ですがこれでは目安がわかりにくくなってしまうため、一般的な方法として値引き目標額を以下のように定めましょう。

 

  • 車両本体価格からの値引き目標額:車両本体価格の5~10%
  • ディーラーオプションからの値引き目標額:オプション総額の20~25%

 

自身が購入するフリードの仕様(グレード、メーカーオプション、ディーラーオプション)の見積額が決まったら、車両本体価格やディーラーオプションから値引き目標額を計算して設定することが大切です。

ホンダ フリードの限界値引きはどこから引き出せるのか

フリードの限界値引き額を引き出すためにはどこから値引けるのか、ということを理解し戦略を練りましょう。

ここでは、新車購入の際にどこの部分から値引きを引き出せるのかというポイントをチェックしていきます。

①車両本体、ディーラーオプションからの値引き

車の値引きと聞くといてイメージしやすいのが、この2つからの値引きです。

前段でも説明したとおり、

 

  • 車両本体価格からの値引き目標額:車両本体価格の10~15%
  • ディーラーオプションからの値引き目標額:オプション総額の20~25%

 

が値引きのおおよその目標金額となります。

ディーラーの裏事情をお話しすると、車両本体価格からの値引きというのは正直なところ上限が決まっていて高額な値引きを引き出すことが難しいのです。

ディーラー(販売店)はホンダ(メーカー)から商品(新車)を仕入れて販売をする、いわゆるコンビニと同じスタイル。

実際に販売する際には車自体の利益は非常に少なく、MAXで15%ほどしか値引くことができません。これは大切な項目です笑

一方でディーラーオプションは、利幅が車両本体に比べて大きくなっています。
ここから値引きを引き出すことができますから、ディーラーオプションの装着が多くなればなるほど高額な値引きを引き出しやすくなります。
その分支払い総額が高くなるというジレンマも生まれてきますので注意です。

特にボディコーティングの「プレミアムグラスコーティング」は工賃の方が割合的に高いオプションとなるため、より高額な値引きを引き出すことができる可能性があります。

ですが、装着オプションを総合的に判断するとディーラーの利益は販売価格の3割程度が利益となるので、値引き目標はMAXで25%程度となります。

②諸費用からの値引き

新車を購入するうえで必要となってくるのが車本体とオプション以外にかかる”諸費用”の部分。

この諸費用には

  • 法定費用
  • 法定外費用

の2種類があります。

法定費用に関しては税金や自賠責保険料、印紙代といった部分になるので値引きは無理です

ただ、法廷外費用に関しては値引きできる可能性があります。

値引きができる法定外費用の例は

  • 車庫証明代行費用
  • 納車費用

です。

車庫証明代行費用に関しては、購入者自身で警察署へ申請に行くことでカットすることができますが、OSS申請(電子申請)ができる地域に関してはディーラーが一括申請している場合があるのでカットすることが難しくなります。
(OSS申請の対象地域はこちらから確認できます。)

納車費用は従来より”ディーラーの営業マンが自宅まで車を持ってくる場合”にかかる費用のことです。
最近は店頭納車が主流となってきていますので理論上はカットすることが可能です。
ディーラーによっては納車に関するサービス(洗車など)に置き換えて値引けない、と説明する場合があります。

これらの値引き交渉に関しては、値引き交渉の一番最初に切り出してしてしまうとディーラーの心象に良くありませんので、商談の最後の最後の段階で打診するようにしましょう。

打診する順番を間違ってしまうと高額値引きを叩き出せる可能性が下がってしまいますので気をつけましょう・・・!

③下取車からの値引き

車を乗り換える場合、いま乗っている車を下取りに出すことがメインとなりますよね。

実はこの部分でも下取り価格の増額による実質値引きの交渉が可能となります。

新車ディーラーは下取りした車を自社で販売する経路として、中古車販売店を持っています。

新車を販売するお店は、中古車を販売するお店の担当者へ「下取り価格の増額交渉」をすることがあります。

新車商談中に出た下取り価格に不満がある場合や、目標設定した値引き総額に到達していない場合は下取り価格の増額交渉をしてみましょう。

これに関しても諸費用の値引きと同様に商談の終盤に行うことが鉄則です。

ホンダ フリードの限界値引きを引き出せる代表的な時期は決算期にあり!

車を買ううえで、最も安く買える時期と言われているのが”決算”です。

ディーラーにおける決算の時期(決算期)は一般的に

  • 9月
  • 3月

の1年に2回です。

この時期に車を買うことが最も値引きがされるので得といわれていますが、実際のところ、決算は「決算月の前月」から始まっています。

その理由は「車を生産し完成するまでの納期とナンバープレートの取得の関係」にあります。

ディーラーでの販売実績は「新車の受注」ではなく「新車のナンバー登録」が基準となります。

極端な話ですが3月31日に新車を受注しても決算の実績(売上)にはならず、3月の最終営業日(最後の平日)にナンバーが取得できなければ値引きをする意味がないのです。

ですので、決算月の最終営業日までに車が完成するような時期に新車を契約する必要があるのです。

決算期を逃したらホンダ フリードの限界値引きは引き出せない?引き出せるとしたらいつ?

車を買い替える時期が必ずしも決算期になるとは限りません。

車検の時期が来ていたり、急に車が壊れて動かなくなり買い替えせざるを得なくなってしまった場合、そのタイミングで車を買うことになります。

そうなってしまうと決算期のような値引きは期待できないのでは・・・?

と考えてしまいますが、実は決算期以外でもフリードを安く買うことができます。

ここでは、大幅値引きが期待できる時期を紹介していきます。

ボーナス時期

世間一般的にボーナスのタイミング(6月、12月)は各ディーラーで何らかのキャンペーンを行っています。

つまり、ボーナス時期の新車購入でも限界値引きを引き出すことが可能です。

特にこの時期は、ディーラーローンの金利が大幅に引き下げられたりしますので、ローンでの購入を検討しているのであれば敢えてこの時期に商談をするのも得策ですね。

ゴールデンウィークやお盆などの長期休み

カレンダー通りの休みの会社に勤めている場合、にゴールデンウィークやお盆はお休みです。

ですが、ディーラーはお客様あっての商売なので、世間とは時期をずらして休業になるところが多いので、この時期にフェアを行っているところが多いです。

この時期にも新聞広告などで”目玉”となるお買い得車を出して誘客していますが、これ以外の車種でも大幅な値引きが期待できます。

この時期は来客が少ない時期ではありますが、ディーラーのお店ごとに販売目標が立てられています。

ちょっと乱暴ですが、来店した新車目的のお客さんを逃がしたくない(その場で買ってもらいたい)のでちょっと高額な値引き条件でも上司(店長)や本部の役員の決裁が下りやすい傾向にあります。

ちょっと検討するつもりの冷やかし半分でディーラーに行ったのに、値引き条件がとても良かったので購入してしまった、というケースも多く聞きます。

この時期は穴場的なポジションでもあります。

初売り

ゴールデンウィークやお盆休みなどの同等かそれ以上の高額値引きが期待できるのがお正月。

初もうでや親戚周りをする人が大半なので、来店客が少ないであろうこの時期は”お年玉”とも呼べる値引きを叩き出すことだってできます。

納期が通常よりも長い車を検討していても、3月に控える決算期にナンバー取得が間に合うような車であれば「お年玉+決算」といった確変状態に突入したかのような値引き交渉もできるでしょう。

決算期ギリギリに新車を検討しようとする大幅値引きができる車が限られてしまい、「このグレードでこの色なら値引けますよ」といったような自分が本当に欲しい車が買えないといったことにもなりかねませんから、お正月から動き出して高額値引きを引き出すという戦術も有効です。

毎月の月末付近

意外と知られていないの値引きの穴場時期が毎月の月末付近。

ディーラーの販売店は他業種と同様に毎月のノルマ(販売目標)が課せられています、月末間際になると「あと〇台で目標達成だ!」という状況になるのもしばしば。

このタイミングの商談でも、驚くほどの値引き額で新車を買うことができる可能性もあるのです。

ですが月末に値引き条件を叩き出すには
「その月にナンバー登録ができる」
ことが条件となるため、希望していた車とは少し使用が違う車を購入する必要があるかもしれません。

新車は基本的に受注生産ですが、各ディーラーは「このグレードのこの色は人気がある」という理由で新車を先行発注しています。
先行発注した新車はディーラーの在庫という名目ですが、もし購入を検討するにあたりその先行発注した車に当てはまるのであれば大幅値引きができる、といった裏ルールがあります。

例えば「グレードはフリードG・Honda SENSING、色はプレミアムクリスタルレッド・メタリック」を希望しているけれど、「同じグレードのフリードG・Honda SENSING 、色はプラチナホワイト・パール」なら当月登録に間に合うから値引きができる、といった感じで提案してくる営業マンもいます。

もし自身がそれで妥協できるのなら購入するというのもアリです。
(筆者は実際に経験し、白が欲しかったのに黒を買いました笑)

ちなみにナンバー登録には車庫証明申請にも時間がかかりますので、月末値引きを期待する場合は毎月20~25日(カレンダーによる)あたりにディーラーのお店を訪問するようにしましょう。

ホンダ フリードの限界値引きを引き出すテクニック

フリードの値引き相場や値引きができる部分に関しての解説をしました。
ここでは、フリードの新車商談時に限界値引きを引き出すためのテクニックを紹介していきます。

ちょっとした小技で大幅値引きが実現できますよ・・・!!

ディーラーが要望するオプションを装着する

ひとつ目のテクニックは、ディーラーオプションに関するテクニックで、
「オプションを増やすことで値引きを勝ち取る」
ということです。

そんなことしたら支払総額が増えちゃうんじゃないの?
と思ってしまいますが、選ぶオプションによってはそうでもないことだってあります。

新車ディーラーには、新車の販売台数だけでなくディーラーオプションの装着率(装着数)にノルマが課せられています。

例えばボディコーティング(プレミアムグラスコーティング)であっても「当月の新車販売台数の○○%に装着させる」といったようなノルマ付けされていたりします。

このノルマを達成すると、会社によって名称が違ってきますが、ディーラーの本部から”バックリベートと呼ばれる達成ボーナス”が支給されます。
逆にノルマを達成しないとペナルティとして罰金を支払うディーラーもあるので、こうならないためにもノルマは達成しなければならない、となりますよね。

これを逆手にとることで大幅値引きを得るチャンスが生まれます。

商談中に値引きの話になった時に「このオプションを付けていただけたらできるかも・・・」といったニュアンスで話を振られたらチャンス。

「じゃあ言うとおりにこのオプションを装着するから、その分値引き頑張ってください!」

といえば良いのです。

ただ、選ぶオプションによっては実際の負担が多くなってしまう可能性が出てくるので気をつけましょう。

簡単にイメージするのであれば

  • 「ディーラーオプションが割安でつけられる」
  • 「コーティングがグレードアップできる(もしくは無料で付いてくる)」

といったくらいに思えばいいのかもしれません。

ですが筆者がディーラー勤務時代に
2万円のオプション(用品)の購入で3万円引き
といった事例も実際にありました。
このようなケースに遭遇できるのであれば期待大ですね。

これは販売店によって実施しているところとそうでないところがありますから、ケースバイケースということでで考えておきましょう。

クレジット(ディーラーローン)を利用する

ふたつ目はクレジット(ディーラーローン)です。

こちらもディーラーオプションと同様に販売店にノルマが課せられています。

現金一括払いで車を買おう!と想定していたとしても、ディーラーローンを利用して値引き額を増額させるという手段を頭にとどめておくのもいいかもしれません。

新車商談の終盤で「あと一息!」という場面まで来た段階で
「もしローンにするって言ったら値引き増えます?」
といったように話を振ってみてもいいです。

逆に値引き交渉で行き詰まってきたところで営業マンから打診があるまではスルーするというのも手です。

ローンを利用する場合には、支払う金利負担額が値引き分を上回る(=支払総額が増えてしまう)場合には損をしてしまいますから注意しましょう。

もしローンを利用して値引きを引き出すのであれば「3回払い」などの短期間で終わる方法で交渉していきましょう。

長期間のローンでしか値引きをしてもらえない場合は、早期完済をして余計な金利負担をしないようにすれば問題はありません。

しかし支払い総額をしっかりと見てメリットが感じられないのであればやめておいた方が良いかもしれません。

もともとローンで購入を検討していても、通常のローンではなく「残クレ」を利用することで多少上乗せされた値引きが期待できるということもあります。

ただ、こちらのパターンに関しては正直なところ望みは薄いと思った方が良いでしょう。

最近の低金利の影響で銀行ローンの方が圧倒的に金利負担が安い場合がほとんどです。
銀行ローンを利用する予定でも、表向きはディーラーローンを使い、車が納車されたら銀行ローンに借り換えをするといった方法をとるのもアリです。
おススメの銀行ローンは価格.comのマイカーローン比較をチェックしてみましょう。

ディーラーオプションを社外品化して実質値引き額アップ

ここでは値引きの金額が減ってしまうけど、トータルで見たら安くなる(=実質的に値引きとなる)「ディーラーオプションを社外品へ変更する方法」を紹介していきます。

社外品と聞くと、ディーラーオプションよりも劣るイメージが先行してしまう方もいるかと思いますが、最近の社外品はディーラーオプションよりも品質が高く価格も安いものも増えてきています。

今回は特に高品質で低価格な社外品3種を紹介していきます。

純正ナビから社外品ナビへ変更する

新車を購入するにあたり、最も高額となるディーラーオプションはカーナビでしょう。

現在現行型で買える車の大半が”オーディオレス仕様”となっているので、好きなカーナビを選ぶことができます。

ですが
「純正品は高額だけど専用設計だから車にフィットする」

「社外品は安いけど後付け感がすごい」
といったイメージが先行しています。

フリードの場合はオーディオレスで社外ナビを選ぶか、オプションでナビ装着用スペシャルパッケージを装備し純正カーナビと組み合わせればリアカメラ・照明付きオーディオリモートコントロールスイッチ・4スピーカー・ETC搭載器と連動して使用することができます。

ただ純正ナビを選ぶと最も高い9インチナビで231,000円となかなか高価。
最も安い7インチナビだったら107,800円なので安く感じますが、必要最低限の機能しかないので不満に感じてしまうと思います。

せっかくの新車だったら高性能のナビを1円でも安く取り付けたいですよね。

それであれば社外品ナビを選択するのはいかがでしょうか。

筆者のおすすめはカロッツェリアのAVIC-RL910です。

Amazonで購入すると98,970円とかなり安価。
性能的にもホンダ純正の21万円のナビと遜色ありません。

メーカーの公式サイトに装着イメージが掲載されていましたので紹介しますね。
https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/carnavi/select/result.php?id=freed_h289_rl910

自分で付ければ工賃はタダですが、付けられない場合でも工賃を3万円ほど支払えば取り付けてくれる業者がありますから、実質8万円の値引きになりますね。

フロアマットを社外品へ変更する

カーナビ以外で車購入時の必需品ともいえるオプションはフロアマットです。

純正品でマットを購入するとプレミアムタイプで42,900円です。
材質がプレミアムで、デザインもとてもオシャレですが純正ということと工賃込みということもあって高めの値段設定ですね。

社外品のマットはピンキリですが、純正同等品で探してみると出てくるのが18,260円(Amazon調べ)のマットです。

純正品と比較すると材質がやや劣りそうですが、半値以上安いということで節約になりますね。

これ以上に安いフロアマットがAmazonだと数多く発売されています。

安い商品でも買って失敗したくないという方も多いかと思います。

そういった際には商品レビューを参考に選んでみるのが良いでしょう。

ドアバイザーを社外品へ変更する

新車の装着率が高いオプションの代名詞は「ドアバイザー(サイドバイザー)」です。

タバコを吸う人も吸わない人でも雨天時などの空気の入れ替えなどで重宝するオプションですが、純正品の場合は19,800円となかなか高価です。

こちらもAmazonで社外品を調べてみると5,200円で購入することができるバイザーがありました。

純正と比較すると約15,000円近くの価格差があります。

ただ、バイザーに関しては取り付けがやや面倒な部分もあります。
部品代が安い社外品を購入しても、ディーラーなどでお金を払って取り付けてもらう場合に工賃が以外とかさんでしまって純正品と変わらない、といったこともあり得ます。

この部品はDIY取り付け向きなパーツと言えますので、技術がない&取り付ける自信がないといった場合は純正品をチョイスした方がいいでしょう。

新古車でホンダ フリードを購入して実質値引き

どれだけ値引きを頑張ってもらっても予算内に収まらない。けどフリードに乗りたい。だけど中古車は嫌だ・・・。
そういった場合は新古車でシエンタを買うのを検討してみてはいかがでしょうか。

新古車というのは、正式名称を「登録済み未使用車」といい、実際には中古車と同等の車です。

ですが、ディーラーがノルマ達成のために自社でナンバー登録をして中古車市場に流通させた車なので一度も公道を走っていないません。

カテゴリー的には”ほぼ新車”と言える車です。

新車とほぼ同等ではありますが、中古車という性質上初回車検までの残り期間が新車と比べると短いですが、車両本体は新車よりも最大2割程度安いため実質的に安く購入することができます。

ただ、中古車販売店によっては名義変更や車庫証明にかかる費用が割り増しされ、実質的には新車の方が安く変えた、なんてケースもあるようですので、新車と比較をして購入するようにしましょう。

>>【無料】下取りより高い!ズバット一括査定で愛車をお試し査定してみる

ホンダ フリードのライバル車を引き合いにした値引き額アップテクニック

商談時におけるテクニックのひとつに「ライバル車を引き合いにして値引きを引き出す」という方法があるということも重要なポイントです。

ライバル車の選定のポイントは、基本的にはホンダ以外のメーカー(ホンダや日産など)で販売されているフリードと同等カテゴリー(フリードと同じ5ナンバーサイズのミニバン)の車を出しましょう。

この根拠としては、各メーカー間での”シェア競争”が過熱しているためであり、各社とも「1台でも多く販売してシェアを伸ばしたい」という思惑があるためです。

もっと簡単に言うと、
ディーラーの営業マンは「車を1台売りたい」といった気持ちが非常に強いです。

なのでライバルを引き合いに出して
「フリードは魅力的だけど、価格とか装備は○○(ライバル車)の方が魅力的なんだよなぁ・・・」
というニュアンスで交渉を進めることで高額値引きが実現できるので実践してみましょう。

ホンダ フリードのライバルとなる国産車はシエンタ一択!

フリードのライバルを選定するにあたり、フリードはどのような車であるかという点を理解しておく必要があります。

ボディサイズで確認をしてみると

全長:4,265mm)
全幅:1,695mm
全高:1,710mm(FF車)

という感じで、大きそうに見えて意外と小さい車であるということがわかります。

特に全長の部分では、一般的なコンパクトカーより少し長い程度。
国産車の中でも極めて特異な車ともいえます。

これを踏まえたうえでライバル車となり得る車を探してみると、トヨタのシエンタが限りなくフリードに近いということがわかります。

シエンタとフリードは

  • ガソリンとハイブリッドのラインナップがある
  • 2列車と3列車が選べる
  • 全長、全幅がほぼ一緒

という同じ特徴があります。

なので、フリードの購入を検討していてもシエンタについて調べ、商談時のライバルとしてピックアップしましょう。

シエンタ以外にライバルになり得る車(ミニバン編)

もし仮にシエンタとは別の車をライバルとして選定する場合はどういった車が良いのか、という点についても解説していきます。

ここで重要なポイントは「シエンタと同じような車体サイズのミニバン」を対抗馬としなければならないということ。
となると、必然的に5ナンバークラスのいわゆる「ミドルサイズ」のミニバンということになります。

ここでは、シエンタの次点としてライバルになり得る車たちを紹介していきます。

ホンダ ノア/ヴォクシー/エスクァイア



トヨタでシエンタよりもやや大きめのサイズとなるミニバンが、このノア・ヴォク・エスクの3兄弟。
5ナンバーサイズミニバンと聞かれるとこの車たちをイメージする方も多いと思います。

ノアはカローラ店、ヴォクシーはネッツ店、エスクァイアはトヨタ店(トヨペット店)といった感じで販売店ごとに異なりますが基本設計は同じです。
2020年5月よりどのトヨタ販売店に行っても買えるようになる予定ですので、この中のどれか、という感じでいいかと思います。

日産 セレナ

ミニバン販売台数NO1の座に君臨しているのがセレナ。
現実的な話、フリード、シエンタ(ノアorヴォクorエスク)、セレナの3つ巴にするのが一番いいかもしれません。
問題となるのは価格の面で、フリードよりも圧倒的に高価となるということ。
セレナについてじっくりと調べたうえで、フリードとの商談を行っていく必要があります。

ホンダ ステップワゴン

フリードより大きいサイズのホンダのミニバンがステップワゴンです。
5ナンバークラスのミニバンの先駆者ともいえるステップワゴン。

1.5Lダウンサイジングターボの走行性能が意外と高いのも走りを重視する人には人気があるようです。
またハイブリッドは燃費とパワーを両立している点がポイントとなります。

同じホンダなのでメーカー内競合となりますが、上記4車種を土俵に上げるなら比較対象として考えておく程度で見ておきましょう。

フリード以外にライバルになり得る車(コンパクトカー編)

前まではフリードよりも大きいミニバンを出しましたが、逆のパターンもあることをお忘れなく。

フリードよりも若干小さいけれど十分ライバルとなり得るコンパクトカー3車種をご紹介します。

トヨタ ルーミー/タンク

シエンタと同様にトヨタでライバルに挙げられるのがルーミーとタンク。
ボディサイズ、排気量ともにフリードよりも小さいですが、後席がスライドドアの車です。
フリードの2列車を検討していて予算的にも厳しい場合は、この2車種をライバルとして挙げるのもいいでしょう。

スズキ ソリオ

ルーミーとタンクと同様に小型ながらもスライドドアを兼ね備えているのがスズキのソリオ。
シエンタではなくルーミーとタンクをライバルとして挙げるなら要チェックの車です。

日産 ノート

上述した2車種とは異色なライバル選定となりますが、日産のノートもライバルとして十分なり得ます。
ただフリードと比較をするとボディが小さくスライドドアでもないという欠点もあります。

e-POWERの軽快な走りを前面に押し出してライバルとしてみるのもいいでしょう。

値引きの競合となるライバル車選定のポイント

フリードのライバル車は3列車希望であれば先ほど紹介したシエンタと5ナンバーサイズミニバン、2列車希望であればスライドドアを持つコンパクトカーなどがメインとなります。

この時のポイントは

  • 同じ車格(サイズ)
  • 似たようなグレード

です。

フリードのライバルとしてホンダのオデッセイやトヨタのアルファード/ヴェルファイア、日産のエルグランドを引き合いに出しても交渉の余地はありません。
(その逆も同じです)

ディーラーの営業マンに
「あ、この人本気で悩んでるな。価格勝負になったら絶対に負けない」
と思わせるような交渉ができるようにライバル車を選定しましょう。

フリードは大きく分類すればコンパクトミニバンとなりますが、ライバル車が少ない、ある意味レアなカテゴリーです。
ですのでライバルとなる車種はシエンタが大本命で、次点として少し車格が大きい5ナンバーサイズミニバンや、小さめのスライドドアを持ったコンパクトカーとなります。
この時、あまりにもフリードとかけ離れている車種を引き合いに出すのはディーラーサイドとしても「この人、本気で検討しているのかな??」と思われてしまう可能性がありますから気をつけましょう。

意外と有効な資本の異なるディーラーや他県ディーラーとの競合

ホンダのディーラーは同じ県内に1つとは限りません。

東京都を例に挙げると都道府県には

  • ホンダカーズ東京中央
  • ホンダカーズ東京
  • ホンダカーズ東京西
  • ホンダカーズ東京北

といったように会社名が違うディーラーがあります。

会社名が違うということは経営母体が違うということですので、同じ車種や仕様であっても値引額が変わってきます。

同じホンダ同士で合い見積もりを取って競合させる、というのは非常にいい戦略ではありますが、えげつない値引き交渉をすると購入後に整備入庫などしたさいのディーラー側の心象があまり良くなくなるパターンもありますのでほどほどにしましょうね。

ホンダ フリードのグレード体系はどうなっている?

フリードを購入するにあたり大切なポイントとなってくるのが「グレード選び」。

フリードには

  • ガソリン車
  • ハイブリッド車

のいずれかからパワートレインを選んだ後に

  • 5人乗り
  • 6人乗り
  • 6人乗り/7人乗り

と乗車人数を選んで行く、という若干複雑なグレード体系をしています。

フリードには、無印フリードとフリード+(プラス)という2つの車名があります。

これは無印が「6人乗りか6/7人乗り」でフリード+が「5人乗り」という違いがあるだけなのでわかりやすいですが、ここから装備の充実度が変わるグレード体系になっていきます。

ここでは、フリードのグレードと主要装備を確認していきます。

フリードのグレード体系と装備の違いをチェックしよう

それではフリードのグレード体系をチェックしていきます。
若干の装備さがありますが、基本的にはガソリン車とハイブリッドに同一グレードがあるという認識でOKです。

各グレードの内容をチェックしていきます。

フリードB・Honda SENSING

フリードのなかでも最も価格の安いエントリーモデルが B です。
Bは6人乗りのみの設定となります。
一番低いグレードとはいえ、安全技術「Honda SENSING」はしっかりと搭載しています。
ですが、スライドドアが電動でなかったり2列目のシートの分割がされていなかったり、インテリアの加飾がなかったりしています。
少し安っぽい印象でもフリードに乗りたい、そういった方にオススメのグレードです。
Bグレードに関してはガソリン車のみのラインナップとなります。

フリードG・Honda SENSING

フリードの中で売れ筋グレードなのが G です。
Bと比較すると

  • 両側電動スライドドア(標準装備)
  • LEDヘッドランプ(ガソリン車はメーカーオプション、ハイブリッドは標準装備)
  • Cパッケージ(シートヒーターやIR/UVカットフロントガラス、ロールサンシェード)が4WD車は標準装備(FF車はメーカーオプション)
  • インテリアの加飾

といった、主に快適装備の部分が追加できるようになります。
フリードを買うなら G がオススメですね。

フリードCROSSTAR・Honda SENSING

CROSSTARは基本的にGと装備が共通となりますが、数々の専用装備を搭載しミニバンの利便性とSUVのタフネスをクロスオーバーさせています。

専用装備は

  • 専用フロントグリル/専用フロントバンパー/フロントロアースポイラー/専用ドアミラー(シルバー塗装)
  • プライムスムース×ファブリックの専用コンビシート
  • 木目調の専用インテリア
  • LEDフォグライト

です。

フリードは人気のある車種なので、標準車と装備が異なった個性的な車を求めているのであれば、このグレードもチェックしましょう。

フリード+ G・Honda SENSING

ここからはフリード+です。
基本的に3列車が2列車に変わったということになりますから、無印フリードのGに内容は準拠します。

フリード+ CROSSTAR・Honda SENSING

CROSSTARも無印フリードの同グレードに装備が準拠します。

フリードとフリード+の違いはなに?

ここで気になるのが無印フリードとフリード+の違い。簡単に比較していきます。

大きな違いのひとつは乗車定員。
無印フリードは6人乗りか7人乗りとなりますが、フリード+は5人乗りのみ。

この関係で、無印フリードは3列車ですが、フリード+は2列車となります。

そして2列目シートの形状にも注目です。

無印フリードはキャプテンシートを選択することもできますが、

フリード+はベンチシートのみとなります。

フリード+専用装備として荷物を多く乗せる方向けに荷室を上下に分割し、スペースの有効活用を可能にするボードをはじめ、多彩な専用装備が設けられているのもポイントとなります。

こういった違いがありますので、ご自身の使い方に合わせてグレード選びをしてみましょう。

ホンダ フリードのリセールバリューを2つの視点からチェック

フリードを買ったあと、新しい車が欲しくなったら、多くの人は乗り換えを選択することになるでしょう。
その時、下取額(買取額)が高いか安いか、つまりリセールバリューが良いか悪いか、という点を知っておく必要があります。
新車を買ったら壊れるまで乗りつぶす、という人は関係ないかと思いますが、最初の車検(3年後)や2度目の車検(5年後)に「どれくらいの価格で売れるのか」ということを確認しておくのとしておかないのとでは大きな差が開いてしまいます。

ここでは、フリードのリセールバリューを

  • 残価設定型クレジット(残クレ)
  • 中古車相場

2つの側面から確認していきます。

リセールバリューを残クレから考察

それでは最初に「残価設定型クレジット(残クレ)」でどれくらいの残価が見込まれるか確認していきましょう。
3年ごと5年後の残価を同一グレード(フリードG・Honda SENSING)で見ていきます。

計算はホンダの残クレ公式サイトで行います。

フリードの3年後のリセールバリュー予想

まずは3年後の残価です。

計算してみると 47.2% の残価であるということがわかりました。

フリードの5年後のリセールバリュー予想

次に5年後の残価です。

計算してみると 32.7% の残価であるということがわかりました。

残クレから予想したリセールバリュー考察

残クレで保証される残価率に関してみてみると、やや高めであるということがわかります。

一般的に残クレでは3年で45%、5年で30%が目安とされていますので、フリードは比較的リセールバリューが高いであろうということがわかりました。

リセールバリューを中古車相場から考察

リセールバリューを確認するにあたり、残クレと同様に見ていきたいのが中古車相場。
中古車相場は「需要によって価格が変動する生き物のようなもの」ですので、リアルな価格がわかります。

こちらでガソリン車とハイブリッドをに視点を変え、現行型の3年落ちに的を絞り確認していきます。

フリードG・Honda SENSINGの3年落ちの中古車相場:153万円~229.8万円
(車両本体価格:2,121,600円)
フリード HYBRID G・Honda SENSINGの3年落ちの中古車相場:126.8万円~254.8万円
(車両本体価格:2,496,000円)

上記のような結果となっています。
中古車の価格については「仕入れ値+販売店の利益」という構図があるため正確な数値を出すことができませんが、かなり高額で流通しているということになります。

装着オプションや車両の状態によりますが、中古車相場から見たフリードの3年後のリセールバリュー(予測)は

フリードG・Honda SENSING:車両本体価格の約70%(平均)+α
フリード HYBRID G・Honda SENSING:車両本体価格の67%(平均)+α

※+αについては車両についているオプション等によって変動すると推測

であると考えられます。

中古車相場を見るとかなりリセールバリューが高い車であるということがわかりました。

ただ、走行距離や車の状態によっては上記のような価格が出ない可能性がありますから、あくまで参考程度にとどめてくださいね。

下取車を一括査定に出して高価買取して貰うことによる実質値引き額アップ

最後にもっとも実質的な値引き額アップを狙える方法を紹介します。

それは「一括査定で下取り車を高価買取してもらう」という方法。

下取車は車を買った店で新車と入れ替え
というイメージが非常に強いですが、実はそれが一番もったいない方法だったりもします。

「一括査定を使ったことでディーラーでの下取りよりも数十万円高い値段で売ることができた」
といった事例もあるくらいです。

日産から日産に買い替えるといった場面でも
ディーラー下取が160万円で不満だったけど、一括査定を使ったら200万円になった
という筆者の経験すらあります。

もし値引き交渉で折り合いがつかないのであれば、一度一括査定を使って今乗っている車の”本当の価値”を調べてみることをオススメします。

一括査定の買取額が下取価格を上回りやすい理由

それでは、なぜ一括査定の買取額がディーラーの下取額を上回りやすいのか、その理由を解説していきます。

ディーラー下取は
新車納車まで乗り続けることができる
という最大のメリットがあります。

場合によっては新車を契約してから納車まで1ヶ月以上の間隔が空いてしまうことがありますが、そんな状況でもディーラーでの下取は「納車まで買取価格を保証」してくれます。

たとえ走行距離が伸びたとしても、契約時の下取価格が下がらないというメリットがあるということが大きなポイントです。
ただし、納車までに数千キロ走って走行距離が大幅に増えてしまったり、車体に傷が増えてしまった等の場合は減額される場合があります。

そのための”保険料”が加算されているから一括査定よりも安価になる、と考えればわかりやすいかもしれませんね。

一方、一括査定の場合は契約をしたら数日以内に車を引き渡す必要があるというルールがあります。

一括査定の場合、複数の買取業者に同時に買取申し込みをし、その業者たちが”競り”をすることで買取価格が決められます。

この買取価格は

  • 中古車オークションの相場
  • その車を”商品としてラインナップしたい”かどうか

によって決められていきますが、一括査定を使って買取に来てもらう業者の場合「買取後すぐに店頭に並べて販売する」というスタイルをとるところがほとんど。

多少利益が乗っからなくても回転率を高める(=薄利多売する)ことで利益を上げるビジネスモデルを確率している背景もあるため、ディーラー下取よりも高値で買取をすることができるのです。

おすすめの一括査定一覧

とはいってもどの一括査定を利用していいのか、そもそもどのような種類の一括査定があるのかわかないという方もいらっしゃるかと思いますので、当サイトおすすめの一括査定サイトをご紹介いたします。

カーセンサー

中古車といえばカーセンサーというイメージが大きいですね。

一括査定の申し込みが90秒でできるというのがポイントです。

カーセンサー
カーセンサー車査定の口コミ評判!買取価格が高いのか徹底評価!カーセンサーはネット上で必要事項を登録するだけで誰でも使える車の一括査定サービスです。 カーセンサーは大手リクルートが運営している...

ユーカーパック(UcarPAC)

ローラのCMでおなじみのユーカーパック(UcarPAC)。オークションのようなシステムを採用した新しい車査定サービスです。

ユーカーパックの口コミ評判とトラブル&デメリットまとめ!ローラのCMでおなじみのユーカーパック(UcarPAC)。オークションのようなシステムを採用した新しい車査定サービスです。 オーク...

ナビクル

ナビクルを運営している会社は東証一部上場のエイチーム。

エイチームは引っ越し侍やHanayume、cyma(サイマ)、ナビナビキャッシングなどを運営する有名なwebサービスを行う企業なので安心ですね。

ナビクル
ナビクル車査定の口コミ評判!電話がしつこい?怪しい?うざい?も徹底評価!ナビクルは「愛車の相場がわかる」「愛車が高く売れる」というキャッチフレーズでおなじみの車買取一括査定サービスです。 ナビクルはCM...

まとめ

フリードを新車で買う時に限界値引きで購入するために有効な方法、フリードの概要をご紹介しました。

オプション装着や諸費用値引きも効果的ではありますが、ディーラーとのお付き合いは商談の時よりも車を買ってからの方が長くなりますから、決して無理難題を押し付けない程度の交渉をして、お互いに気持ちの良い商談ができるように心がけましょう。

それ以上に効果がある方法は下取車を「いかに高く売却するか」ということ。

実際のところはここがキモとなりますので、一括査定を活用して1円でも高く愛車を売却するように立ち回りましょう!

一括査定おすすめランキング

ズバット車買取比較
200社以上の買取店から最大10社を選んで査定することができます。全国対応&スタッフの対応も良く、一括査定サービスの中で一番高く売れる確率が高い査定サービスです。また10年を超える運営実績があって、東証一部上場企業が運営しているので安心できます。
総合評価
価格 多くの買取店と競わせるほど高くなる
対応 丁寧な査定員が多い
備考 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

詳細ページ公式ページ

カーセンサー
1000件以上の買取店と提携、全地域で高く買取される可能性が高い一括査定サービスです。首都圏以外の買取店と多く提携しているので、首都圏以外の方は高価買取される可能性が高くなる一括査定サービスです。
総合評価
価格 地方に強く、改造車にも強い
対応 小さい買取店とも提携している為、対応にバラつきがある
備考 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

詳細ページ公式ページ

ナビクル車査定
大手の買取店を中心に提携をしている、しっかりした一括査定サービスです。査定の際に大手の49業者から最大10業者を選ぶことができます。信頼がおける買取店のみと査定交渉ができますが、選択できる買取店の幅は少なくなってしまっています。
総合評価
価格 地方では提携買取店が少ないため△
対応 対応が丁寧な買取店が多い
備考 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

詳細ページ公式ページ

>>【無料】ズバット車買取比較で愛車をお試し査定してみる