カーリース

KINTO(キント)評判や口コミを徹底調査!トヨタ車のサブスクの特徴とは?

KINTO 口コミ 評判

テレビCMで知名度がどんどん上がっているKINTO(キント)のサブスク。気になっている人も多いのではないでしょうか。

KINTOはトヨタ自動車が運営している車のサブスクリプションサービスです。月々定額で、頭金が不要ということもあり、まとまったお金がない人でも気軽に新車に乗ることができます。

でも、実際に契約を考えると……

  • 「KINTOを使っている人の評判や口コミはいいの?」
  • 「KINTOはどんな特徴があるサービスなの?」
  • 「カーリースとの違いはあるの?」

など、気になることも多くありませんか?

そこで、今回の記事ではトヨタ車のサブスクリプションKINTOを契約する前に、知っておくべき情報を詳しくまとめました。

KINTOのユーザー評価や特徴をチェックして「あなたが利用するべきサービスなのか」ぜひ見極めてみましょう。



KINTOのサブスクの評判や口コミ

KINTO 評判 口コミ

KINTO(キント)の口コミや評判を集めました。良い口コミと悪い口コミに分けて紹介していきます。

良い評判や口コミ

車を使いたいけど、車検とか保険とか色々面倒臭い!と思っていたので、期間で区切ってクルマを変えられるサービスは便利です。全部コミコミなのも嬉しい。1日にちょこちょこ車に乗るので、手元にあるっていうのはいい感じです。あと、トヨタがやっているという安心感はあります。

引用:みん評

悪い評判や口コミ

KINTOのサブスクに関する評判からわかること

KINTOの口コミをまとめてわかったことは以下の通りです。

  • 頭金なしで契約できる
  • 保険やメンテナンス費用、すべて込みなので手軽に車に乗れる
  • 数年サイクルで車を乗り換えたい人にピッタリ
  • トヨタ車しか選べない
  • 納車に数ヶ月かかる

KINTOは頭金なし、任意保険やメンテナンス費用、車検代などの費用がすべて月々の支払いに含まれているため、面倒な手続きがなく、手軽に始めることができます。

数年ごとに乗り換えもできるので、そこに魅力を感じている人が非常に多いことがわかります。ただ、月額料金に関しては賛否があり、割高に感じる人もいる様子。また、トヨタ車しか選べない点をちょっと残念に感じている人もいるようですね。

「納車が遅い」という口コミに関しては、契約後に車を発注してから生産に入るので、1ヶ月ほどかかるとKINTOの公式サイトで明記されています。(車種によって、さらに長くなることもあり)

納車までの期間はどのくらいかかりますか?

ご契約いただいた後、メーカーへ車両発注・メーカーで生産した後(車種毎に異なります) 販売店での納車準備期間として1か月程度お時間をいただきます。

車種毎の納車目処につきましては、最新情報をラインアップページに記載しておりますのでご参照ください。 詳しい納期については提携販売店へお問い合わせください。

全ラインアップ
https://kinto-jp.com/kinto_one/lineup/
トヨタ車
https://kinto-jp.com/kinto_one/lineup/toyota/
レクサス車
https://kinto-jp.com/kinto_one/lineup/lexus/

引用:KINTO ONEよくあるご質問より

ユーザーの希望に合わせた車を準備するため、時間がかかるみたいですね。

やはり、どんなサービスでも賛否の意見があるのは当たり前。

いずれにしても「短い期間で構わないので車が必要な人」や「トヨタ車のファンで定期的に車を乗り換えてみたい人」にとって、満足度の高いサービスになるはずです。

>>【公式】KINTOのサブスクを確認してみる

KINTOのサブスクの特徴(メリット・デメリット)を紹介

KINTO メリット デメリット

次に、KINTOのサブスクの特徴(メリットやデメリット)をそれぞれまとめていきますね。

KINTOの7つのメリット

KINTOの大きなメリットは以下の7つです。

  1. トヨタの新車に乗れる
  2. WEBのみで契約ができる
  3. 支払いが定額
  4. 車の乗り換えができる
  5. メンテナンスはトヨタ系の販売店が対応してくれる
  6. 保険が充実している
  7. 愛車ポイント制度がお得

ひとつずつ具体的に解説していきます。

1.トヨタの新車に乗れる

KINTOを利用すれば、トヨタの車に乗ることができます。しかも、誰かが乗った中古車ではなく、契約できる車はすべて新車です。

例えば、トヨタの人気車種ハリアーや、ヤリス、アルファード、RAIZE、アクア、ランドクルーザーからトヨタの高級車ブランドのレクサスの新車まで月々定額で乗れるわけです。

2.WEBのみで契約ができる

KINTOはWEB上で簡単に契約ができます。

一般的に新車を購入する場合は、ディーラーの店頭に行き、商談、契約という手順を踏まなければいけません。これが意外と手間や時間がかかり、忙しい人にとっては億劫に感じるでしょう。

KINTOであれば、はじめから月額料金が決まっているのでわざわざ商談する必要はありません。もし、契約前に質問したい場合は、電話やメールなどで問い合わせができるので安心してください。

ネット環境さえあれば、いつでもすぐに申し込みが可能なので忙しくて店頭に行けない人、なるべく手続きを簡単に済ませたい人にピッタリです。

3.支払いが定額

KINTOは支払いがすべて定額で頭金はもちろん0円。まとまった貯金が無い人も審査に通れば新車に乗ることができます。

通常は車を購入した場合、車の代金の他にも「保険」「メンテナンス費用」「自動車税」「車検」などの費用がかかりますが、KINTOならこれらのコストがすべて月々の料金に含まれています。

そのため、1年目も3年目も5年目でも、ずっと定額で乗り続けることが可能なのです。

4.車の乗り換えができる

KINTOには、車の乗り換えができる「のりかえGO」というサービスがあります。

例えば、5年間の契約をしたからといって、5年ずっと同じ車に乗る必要はありません。割安な手数料を払えば乗り換えが可能なのです。(5年契約の場合は3年後から乗り換えできるようになります)

生活スタイルの変化に合わせて車の乗り換えができるのはもちろん「いろんな車に乗りたい!」という人にとっても嬉しいサービスですね。

5.メンテナンスはトヨタ系の販売店が対応してくれる

メンテナンスはトヨタ系の正規販売店が対応してくれます。メンテナンスにかかる料金は、月々の支払い料金に含まれているので余計な費用はかかりません。

オイル交換、消耗品の交換、故障修理、点検、車検などはすべてトヨタ系の正規販売店に相談すればOKです。

6.保険が充実している

月々の支払い費用には保険も含まれているのですが、KINTOはその保険の内容がとても充実しています。

対人も対物も無制限補償が付いていて、事故を起こして車の修理が必要になったときでも、自己負担は最大5万円で済みます。ご自身のケガも5,000万円まで補償。

他にもロードサービス特約や弁護士費用特約なども付いてきます。

「当て逃げされた」「車庫入れに失敗した」「盗難にあってしまった」このような場合でも保険が付いていれば安心ですね。

「KINTOは月々の支払いが高い……」と感じている人も、この保険の内容を見れば納得するのではないでしょうか。

7.愛車ポイント制度がお得

KINTOには愛車ポイント制度があります。

日々の運転をスコア化し点数が付けられ、安全運転・エコ運転をするとどんどんポイントが貯まっていく面白いサービスです。(このサービスは、車を大切に乗ってほしいというトヨタの想いから始まったものです)

また、定期メンテナンス1回ごとにポイントが入り、1年間で最大13,000点の愛車ポイントが貯まります。貯まったポイントはカタログギフトや宿泊券、グッズなどと交換することができますよ。

KINTOの3つのデメリット

KINTOのデメリットは以下の3つが挙げられます。

  1. 途中解約には手数料が発生する
  2. 走行距離に制限がある
  3. 返却の際には原状回復しなければいけない

それぞれ詳しくまとめていきますね。

1.途中解約には手数料が発生する

途中解約をする際は手数料(違約金)が発生します。解約にかかる違約金は「いつ解約するか」によって変わってくるので気を付けましょう。

「6ヶ月ごとの残利用料」+「追加加算金」=「中途解約金」となっています。

原則、解約を希望する日の1ヶ月前に解約申請をしなければいけません。ただし、「免許返納」と「海外転勤」の2つのケースでは解約金が免除されます。

2.走行距離に制限がある

KINTOは走行距離に制限があるので気を付けなければいけません。

具体的に言うと、KINTOでは「月間走行距離(1,500km)×ご利用月数」が総走行距離として設定されています。

3年契約なら54,000km、5年契約なら90,000km、7年契約なら126,000kmです。

例えば「1ヶ月だけ1,600km走ったらダメなの⁉」と考える人がいるかもしれませんが、その他の月で調整して、合計で総走行距離内に抑えられていればOKです。

制限があると言っても、毎日50㎞は走っても大丈夫なので十分なケースがほとんどではないでしょうか。

3.返却の際には原状回復しなければいけない

車を返却する時(満了期日・乗り換え・中途解約)は、原状回復しなければいけません。

万が一、事故が原因で車体を擦ってキズがついてしまった場合、保険を使い自分で修理を依頼する必要があります。

借りている車を返却するときは、担当の販売店で再度査定され、直っていないキズなどがあれば原状回復費用が発生する場合があるので気を付けてください。

1cm程度のヘコミや傷、直した方が良いのか自分で判断がつかない場合は、販売店へ事前に確認しておくのが確実です。

>>【公式】KINTOのサブスクを確認してみる



KINTOに関する5つのQ&A

KINTO 疑問点

次にKINTOに関する、よくある以下の5つの疑問点についてまとめていきます。

  1. カーリースとの違いは何か?
  2. 契約期間に事故に遭ってしまったらどうするの?
  3. 途中解約する方法は?
  4. 書類は何が必要なのか?
  5. 納車まで何日ぐらいかかるの?

ひとつずつ解説していきますね。

①カーリースとの違いは何か?

カーリースとの違いは大きく2つあります。

  1. 月々の支払い料金に任意保険が含まれている点
  2. 契約満了時の清算方法

1つ目は任意保険です。一般的なカーリースには任意保険の保険料は含まれていないので、任意保険は自分で契約する必要があります。

一方で、KINTOのサブスクリプションは毎月の支払い料金に任意保険が含まれていて、その内容も充実しています。

2つ目は契約期間が満了した際の清算方法です。カーリースの場合、月々の使用料は車両の残価を試算して設定します。もし期間中に事故を起こして残価が下がってしまった場合、想定していた残価からのマイナス分を追加で払う必要が出てしまいます。

それに対してKINTOのサブスクであれば、契約終了時に追加料金は基本的に発生しません。

②契約期間に事故に遭ってしまったらどうするの?

万が一事故に遭ってしまったら、東京海上日動・KINTO事故受付センター(0120-137-160)に連絡しましょう。

全損事故や盗難の場合は解約となりますが、それ以外の場合は任意保険で対応してくれます。

③途中解約する方法は?

解約希望日の30日前までにMy KINTOから連絡をしましょう。

中途解約金は月額利用料の3ヶ月分です。その他に車両の状態によっては追加で精算金がかかる場合がありますので、この点には注意しましょう。

④書類は何が必要なのか?

KINTOでは、契約を結ぶ際に本人確認書類として運転免許証が必要です。

契約はすべてWEB上で完結するので、あなたがすることは免許証の写真をスマホで撮影してアップロードするだけです。

⑤納車まで何日ぐらいかかるの?

納車まではおよそ1ヶ月ほどかかります。その理由は、契約後にメーカーへ車を発注するためです。

生産にも数日かかりますし、販売店へ出荷された後もオプション装着や点検などの納車準備があります。

車種ごとに納車にかかる期間は異なるので、詳しく知りたい人は提携販売店へ確認してみましょう。

>>【公式】KINTOのサブスクを確認してみる

まとめ:KINTOは一時的に車が必要な人にオススメなサービス!

KINTO オススメ

KINTOのサブスクリプションをオススメできる人は以下のような人です。

  • 生活の変化に合わせて(例えば3年サイクルで)車を乗り換えたい人
  • 免許返納をあと数年後と考えている人
  • 保険の等級が低い人
  • 法人・個人事業主の人

KINTOは車の乗り換えが定期的にできるので「ずっと同じ車に乗るつもりはない」「3年ごとに車を乗り換えたい」と考えている人など、一時的に車が必要な人にピッタリです。

また「免許返納を考えているけど、最後にトヨタの新車に乗ってみたい」と、免許返納をある程度視野に入れている人にも最適。免許返納のときには中途解約は無料ですし、万が一の保険も充実しているからです。

法人や個人事業主は事業内容にもよりますが、経費として計上できる可能性があります。

「KINTOは料金が高い……」と感じる人がいるようですが、ライフスタイルによっては、かなり充実したサービスといえます。

車の利用目的や月額料金を考えて、KINTOのサブスクが自分に向いているのかじっくり検討してみましょう。

公式サイトでは金額のシミュレーションもできるので、是非チェックしてみて下さいね。

>>【頭金なし】KINTOのサブスクを確認してみる

KINTOの会社概要

KINTO 会社概要
社名 株式会社KINTO
設立日 2019年1月
代表取締役社長 小寺信也
資本金 150億円
株主
  • トヨタフィナンシャルサービス株式会社
  • 住友商事株式会社
  • 株式会社三井住友フィナンシャルグループ
  • 住友三井オートサービス株式会社
事業内容 自動車リース、自動車修理・点検、車両管理、
中古車売買等、モビリティサービスに関わる一切の事業
住所
  • 東京支店
    東京都中央区日本橋室町2-3-1
    室町古河三井ビルディング16階(COREDO室町2)
  • 名古屋支店
    愛知県名古屋市西区牛島町6番1号
    名古屋ルーセントタワー5階東京オフィス所在地
東京オフィス所在地
名古屋オフィス所在地

 

>>【頭金なし】KINTOのサブスクを確認してみる