カーリース

もろコミの口コミ評判!カーコンビニ倶楽部のカーリースのメリットデメリットを解説!

もろコミ評判アイキャッチ

『新車に乗りたい!』と思っても、車の購入には多くの費用がかかります。現金一括での支払いができなければ、毎月分割で支払っていくしかありません。また車は購入後も維持費がかかってきます。

毎年5月頃には自動車税の支払いが必要です。また車検のたびに多額の費用が必要となってきます。毎月の支払いが安定しないのは不安ですよね。

 

そこでカーリースを活用すると、毎月の支払いを一定にできます。頭金も不要なので、初期費用がなくても新車に乗れるのがメリットです。

またカーコンビニ倶楽部のカーリースならリース期間終了後は、その車を返却せずにもらうことができると注目を集めています。

カーリースを行っている企業はいくつかあります。その中でも今回は、板金修理で知名度のあるカーコンビニ倶楽部株式会社が運営するカーリースサービスについて紹介します。

カーリースのシステム

カーリース仕組み

カーリースとはカーリース会社が車を販売元(ディーラー)から購入して、利用料を契約ユーザーからもらっていく仕組みとなっています。

したがって、リース期間中は車の所有者は契約ユーザーではありません。契約ユーザーは、カーリース会社が所有している車を借りて利用している状態です。

 

リース中の所有者はカーリース会社

カーリースの契約期間中の所有者はカーリース会社です。使用者は契約ユーザーとなります。この車の所有者と使用者は、自動車検査証(車検証)に明記されます。所有者と使用者では車に行使できる権限が異なります。

車検証に記載される所有者とは、車の売買や車検証の記載内容変更権限を持っている個人や組織を表しています。ちなみに個人で車を購入したときは、所有者=使用者のことが多いので『***』で埋まっています。

この所有者と使用者が異なるときはローンで車を購入したときや、カーリースでの契約の場合です。なぜならローンの支払い途中やリース期間中に、勝手にユーザーが車を売却しては困るからです。

ローンの支払いが終わったり、リース期間が満了したりすれば所有者になることができます。所有車になれば、その車を売却することができるようになります。

カーリースが新車を購入するよりもお得なワケ

カーリースを利用すると新車を購入するより、支払金額を抑えることができます。なぜなら残価を設定するからです。

カーリースの残価設定の残価とは、カーリース期間が満了したときの車を下取り価値を表しています。この残価は車種や走行距離など車両状態によって最終的な価値が決まります。

つまり、契約の段階では概算で残価を算出しているのです。しかし、契約時に設定した残価よりも、契約満了時の車両の状態が悪ければその差額分を精算する必要が出てきます。

 

例えば車両価格200万円の車を3年リース契約すると考えてみましょう。リース終了時の残価を50万円とした場合、残りの150万円を3年間で支払っていくことになります。もし新車で買った場合は200万円を全額支払うことになりますが、リースなら150万円の支払いで済みます。購入するよりも安く新車に乗れるのがカーリースのメリットです。

ただし、リース終了時の車両価値が50万円を下回ったときは、差額分を支払う必要があります。残価が40万円にしかならなかった場合は、不足分の10万円を支払う必要があるということです。この返却時に精算が発生する可能性がある契約形態を、オープンエンド契約と呼びます。

残価の精算がない契約もある

リース期間終了時に残価精算がリスクとなるカーリースですが、精算が不要な契約形態もあります。精算不要の契約形態を、クローズドエンド契約といいます。

このクローズドエンド契約では、残価が契約ユーザーに伝えられません。またクローズドエンド契約の多くが残価は0円にしているため、リース期間が終わったときに契約ユーザーが車をもらえます。

月間走行距離の制限を受けず、車体への傷によって残価が下がりリース期間終了時に高額な請求をされる心配がないので安心です。

カーコンビニ倶楽部が運営するサービス『もろコミ』とは?

カーコンビニ倶楽部株式会社が運営するカーリースサービスの『もろコミ』とは、車を購入するときに必要な頭金や登録諸費用、各種税金がもろもろコミコミで支払金額に含まれていることがサービス名称の由来となっています。

このもろコミの特徴は次の3つです。

  • 新車にも関わらず、残価設定が0円
  • メンテナンス費用もリース払いOK
  • アクセサリーパーツもリース払いOK

もろコミのリースプラン

もろコミのプランは7年(84回払い)リースの『もろコミ7』と9年(108回払い)リースの『もろコミ9』がメインです。この2つのプランは、クローズドエンド契約となっています。残価設定が0円になっているということです。そのためリース期間終了後は使っていた車をもらうことができます。

 

現在(2020年5月時点)では『もろコミ+(3年リース)』と『もろコミ+5(5年リース)』はWEBから申し込みができません。この2つはオープンエンド契約となっているので、契約終了時に精算と車の返却が必要となります。

短期間だけが車が欲しくて、綺麗な状態を保つことができる自信があるならば検討してもいいかもしれませんが、ハイリスクでしょう。また月々の支払いも長期契約に比べて高くなるためオススメできません。

 

もろコミを利用するなら『もろコミ7』か『もろコミ9』がオススメです。

選べる2種類のメンテナンスリースプラン

またカーライフを送る上で欠かせないメンテナンスにかかる費用も毎月一定にできるメンテナンスリースプランも用意してあります。もろコミには2種類のメンテナンスプランが用意されています。

この『メンテナンスパック』と『メンテナンスライト』では、メンテナンス回数と内容が違っています。下の表にまとめてみたので確認してください。

  • メンテナンスパック・・・月々2,750円(税込)~
メンテナンス内容 もろコミ7 もろコミ9
タイヤ4本セット 1回 1回
バッテリー交換 1回 2回
エンジンオイル交換 6回 8回
オイルエレメント 6回 8回
オートマチック(CVT)オイル交換 1回 2回
ブレーキフルード交換 2回 3回
ブレーキパッド交換 1回 1回
Vベルト交換 1回 1回
LLC交換 2回 3回
点火プラグ交換 1回 1回
ワイパーゴム交換 2回 3回
    このメンテナンスパックは軽自動車のみ適用可能です。燃費に大きく影響してくるエンジンオイルの交換が7年リース契約では6回、9年リースなら8回受けられます。
    またオイルエレメントも同じ回数交換できるようになっているので、故障するようなことはないでしょう。
    しかし、エンジンオイルの交換推奨サイクルは6ヶ月もしくは走行距離5,000kmごとにと言われています。7年リースで6回、9年リースで8回しか交換できないと燃費は悪くなります。
    通勤などで車を使用するならば、エンジンオイルは定期的に交換したほうがいいです。走行距離が多くなりそうな人は、メンテナンスパックライトのほうがいいでしょう。
  • メンテナンスパックライト・・・月々1,320円(税込)~
メンテナンス内容 もろコミ7 もろコミ9
エンジンオイル交換 13回 17回
オイルエレメント交換 6回 8回

メンテナンスパックライトなら7年リース契約で13回、9年契約なら17回オイル交換ができます。これなら車のリース期間中に半年1回オイル交換をしても、メンテナンスリース契約内に収められます。またメンテナンスパックライトなら軽自動車だけでなく、軽商用車にも適用可能です。

 

ただし、オイル交換以外のメンテナンス費用は含まれていません。そのためタイヤ交換やバッテリー交換が必要となったときには、一括でその費用を支払わなければなりません。

月々の支払いを安定させたいならばメンテナンスパックに入っておき、メンテナンスパックでカバーできないオイル交換費用は都度支払うスタイルをとってもいいでしょう。

 

これらのメンテナンスは、カーコンビニ倶楽部の店舗で受けることができます。カーコンビニ倶楽部の店舗が近所にあるならば、加入してもいいかもしれません。

カーアクセサリー費用もリース払いOK

もろコミなら、カーライフを快適に過ごすために必要な装備もリース支払いで装着可能です。このカーアクセサリーセットなら、月々2,200円(税込)からの支払いで5つの快適装備が揃います。もろコミ9、もろコミ7ともに次の装備を着けられます。

カーナビ

バックアイカメラの映像を映すためにも必要なナビは、もはや必須のアクセサリーとなっています。ナビ機能だけでなくフルセグ、Bluetoothにも対応。運転中もスマートフォンに触らず、電話をかけたり受けたりすることができます。またBluetooth対応のスマホなら、音楽をカーオーディオから流すこともできます。

スマートフォンのようにフリック操作もできるので、カーナビに不慣れな人でも操作が簡単です。

バックアイカメラ

バックアイカメラも標準装備として普及してきています。免許を取得してからバックアイカメラ無しの車を運転したことがない人もいるでしょう。そんな人も安心して運転できるようにバックアイカメラも付けられるようになっています。

バック駐車をするときにミラーの死角となる真後ろを確認できるので事故防止になります。

ETC車載器

高速道路や有料道路での支払いをスマートにできるETC車載器も装備できます。音声で料金などの情報をアナウンスしてくれるタイプです。ブラックカラーなのでどんな内装色の車にも合います。

フロアマット

車両価格に含まれていると思われがちなフロアマットですが、新車で購入するときは別料金です。適当な布を敷いてしまうと、運転の妨げとなる恐れもあります。

カーアクセサリーセットならオリジナルのフロアマットを着けてもらえます。安全性にも配慮されたマットが車を汚れから守ってくれます。

ドアバイザー

雨の日に窓を開けるためにだけ必要と思われがちな装備ですが、防犯効果もあります。夏に少しだけ窓を開けて駐車するときに、隙間から工具を入れてロックを解除される可能性が減ります。

 

続いてもろコミを利用するメリット・デメリットについて紹介していきます。

もろコミのメリット・デメリット

メリットとデメリット

もろコミのメリットとデメリットを紹介していきます。全ての人にとってもろコミが最適とは限りません。メリットとデメリットを比べて、自分に合いそうか確かめてみてください。

もろコミのメリット

もろコミを利用するメリットは主に3つです。

  • 契約から2週間で乗れる即納車がある
  • クローズドエンド契約なので走行距離などを気にしなくて良い
  • リース期間満了2年前から乗り換えができる

続いてこれらのメリットを具体的に解説していきます。

契約から2週間で乗れる即納車がある

新車の納車は契約が成立してから、メーカーに発注するので納車まで2~3ヶ月程度かかるのが一般的です。もろコミでは新車の在庫があるため、最短で14日で納車してもらえます。

急に車が必要になった人や、車がない状態が続くと日常生活に支障が出るような人は、この即納車を検討してみてください。

クローズドエンド契約なので走行距離などを気にしなくて良い

オープンエンド契約の場合は、残価が下がってしまう行為は制限されています。

例えば指定された走行距離以上の走ってはいけません。走行距離が多くなってしまうと残価が下がってしまうため、リース期間終了時に精算金を多く払う必要が出てきます。

またホイールの変更などの改造をしてはいけません。純正からのパーツ変更は車両の査定のときマイナスになります。純正に戻すか、もしくは車両の返却をするときに精算金を余分に払わなければならないので損です。

その点もろコミなら車両返却義務がないので、走行距離も気にせず改造もしてOKです。リース中に車へ多少傷ができても、返却しないため精算金が発生することもありません。

つまり、もろコミなら自分で購入した車のように自由に使えるのです。

リース期間満了2年前から乗り換えができる

もろコミ7ともろコミ9ともに契約期間の満了2年前から中途解約の解約金はかかりません。もろコミ9なら契約満了の7年経過後から乗り換え、もしくは返却ができます。もろコミ7なら5年経過から乗り換えか返却が可能です。

家族が増える、5年後や7年後に転勤などのライフスタイルが変わる可能性がある人には車の返却ができるので安心なプランです。ただし、返却する車両の損耗状態によっては請求が発生することもあるので大切に乗りましょう。

もろコミのデメリット

カーリースで月々の支払いが一定で新車に乗れるのがカーリースのメリットです。またもろコミなら即納車もあり、契約後14日で乗れるのも魅力と言えます。しかし、当然メリットばかりではありません。

カーリースのデメリットとして共通していることは、中途解約金があることやリース金利・手数料があるのでトータル支払いが高くなることが挙げられます。

さらに、もろコミだけに起こりうるデメリットを紹介します。

メンテナンスはカーコンビニ倶楽部の店舗でしか受けられない

もろコミには車検費用も月々の支払いに含まれていますが、その車検を受けるのはカーコンビニ倶楽部の店舗でなければいけません。もし契約期間中に引っ越しをしてカーコンビニ倶楽部の店舗が遠くなってしまうと、車検のためにわざわざ遠い店舗まで行く必要があるのがデメリット。

またメンテナンスパックに加入しているとなれば、オイル交換のためにその遠い店舗までわざわざ行かなければなりません。自分が引っ越さなくとも契約期間中に店舗が移転・閉店をする可能性もあります。

もしカーコンビニ倶楽部のカーリースを契約するなら、メンテナンスができる店舗が近所に複数あるかを確認しておいたほうがいいでしょう。そうすればひとつの店舗が閉店になっても困りません。もろコミ7ともろコミ9は長期の契約なので、メンテナンスのこともしっかりと考えておきましょう。

もろコミの評判・口コミ

もろコミの評判・口コミについて調べてみました。申し込みを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

カーローンよりも審査が厳しくないと感じました。気軽にリース車に乗れるのが自分には合っていました。毎月の支払いが安く済んでいるので助かっています。(みん評)
カーローンは審査に時間がかかりますが、この口コミからするとそこまで時間がかからないようです。月々の支出を抑えられるのも申し込みの決め手になったみたいです。
軽自動車でも費用をかなり抑えて維持できると思えたので申し込みました。多くの車種から選べるので、乗りたい車を選ぶことができました。スタッフの対応も親切丁寧でしたので、満足しています。(みん評)

もろコミは軽自動車もラインナップに入っています。メンテナンスパックとメンテナンスパックライトは、軽自動車に付けることが可能です。もろコミのサービスはWEBからだけでなく、もろコミの販売店でも申し込みができます。直接スタッフから話を聞きたい人は、来店申し込みをしてもいいでしょう。

走行距離を気にせず乗れることがドライブ好きの私には合っていました。納車に時間がかかり、2ヶ月要しました。その間にお店が代車を用意してくれたので、不満はありません。(みん評)

申し込みから手元に車が届くまでには時間がかかります。これは車を購入した場合も同じでしょう。ナンバー登録手続きなどがあるため、たとえ店頭で車を購入してもその日のうちに乗って帰れるわけではありません。

この口コミからは、代車を用意してくれることもあることが分かります。すぐに車が必要な場合でももろコミなら安心です。

もろコミのメリットは、頭金無しで新車に乗れる。これだけしかありませんwあと車両保険に入ってないで事故ったらローンだけ残ります(Twitter

こちらの口コミはもろコミのメリットをしっかりと伝えてくれています。新車に頭金無しで乗れるのは魅力的ですよね。ここに魅力を感じる人はカーリースの契約をしていいでしょう。

車両保険に入っていないとローンが残るのはカーリースに限ったことではありません。これは新車でも中古車でも同じです。カーリースが劣っているわけではないので、誤解しないでくださいね。

まとめ

カーコンビニ倶楽部が運営するカーリスサービスもろコミなら、月々の支払いを低く抑えつつ新車に乗れます。また残価設定が0円なので、リース期間終了後はその車をもらえることがメリットです。

リース期間中の走行距離やパーツの変更もできるので、マイカーのように扱えます。またメンテナンスパックに申し込めば、カーコンビニ倶楽部の店舗でメンテナンスも定額で受けられます。メンテナンス費用も月々一定の金額を支払えばいいので、メンテナンスがあるときに急に大きな支出が発生することもありません。

新車に乗りたいけど頭金が用意できないという人は、ぜひカーリースも検討してみてください。

カーコンビニ倶楽部株式会社の会社概要

カーコンビニ倶楽部企業ロゴ
社名 カーコンビニ倶楽部株式会社
所在地 東京都港区港南2-11-19 大滝ビル
地図
設立 2007年
事業内容
  • 自動車軽板金補修を軸に自動車向けトータルアフターサービスを提供する「カーコンビニ倶楽部」および「カーコン車検」加盟企業による全国FC事業の企画・開発・運営・経営支援。
  • 2017年より個人向けカーリース「もろコミ」を展開。
事業所・直営店 事業所・・・全国8拠点
直営店・・・全国3店舗

 

もろコミに関するQ&A

もろコミに関する疑問をQ&A方式でまとめてみました。もろコミのサービスについて気になる点は申し込み前に確認しておきましょう。

Q.もろコミの契約にはなんの費用が含まれるの?

A.車両本体価格、オプション代、環境性能割・新車登録時手数料・車検基本料・自動車税(期間分)・重量税(期間分)・自賠責保険料(期間分)。また車検費用も含まれています。

Q.もろコミではなぜ契約満了時に車がもらえるの?

A.残価設定を0円としているため、契約満了時に車両価値が0円になるように設定しているからです。そのため契約満了時に精算金が発生することもありません。

Q.頭金はいくら必要ですか?

A.カーコンビニ倶楽部のカーリースの『もろコミ』は頭金不要です。

Q.車のメンテナンス費用はどうなっていますか?

A.メンテナンス費用は契約者負担です。軽自動車ならメンテナンス費用もリース払いできるメンテナンスパックとメンテナンスライトが用意されています。

Q.もろコミは途中で解約可能ですか?

A.もろコミ9(9年リース)なら7年経過後、もろコミ7(7年リース)なら5年経過後から原則解約金不要で契約を終了できます。しかし、返却時の車の状態によっては精算金が必要となることがあります。