カーリース

NORELの料金は高い?口コミ評判や借りられる車種など徹底調査!

NOREL

昨今、音楽や動画配信でサブスクリプションサービス(定額サービス)が増えています。定額の範囲で好きなだけコンテンツを楽しむことができるのは、ユーザーとしては非常にありがたいサービスですよね。

そんなありがたいサブスクリプションサービスですが、音楽や動画に限らず自動車のリースも定額で利用できるサービスがあるのをご存知ですか?

現在(2020年1月現在)自動車のサブスクリプションサービスがいくつかありますが、その中でも先駆け的なサービスが「NOREL」です。

今回は、自動車リースのサブスクリプションサービス「NOREL」の仕組みや、借りられる車種、料金などを調査しました。

憧れの車種を気軽に試してみたい、いろんな車種に乗ってみたいとお考えの方、参考になさってください。

NORELはどんなサービス?特徴をご紹介します!

NOREL001

まだまだ珍しい車のサブスクリプション(定額利用)サービス。正直なところどんなサービスなのかピンと来ていない人も多いのではないでしょうか。

まずは「NOREL」のサービス内容や特徴について、概略をご説明していきます。

クルマのサブスクリプションサービス

「NOREL」は先ほどご紹介したように、車の「サブスクリプションサービス」です。

「サブスクリプション」というのは、元々は「定期購読」を指す言葉で意味でユーザーは商品ごとにお金を支払うのではなく、商品を一定期間利用できる「権利」を獲得するためにお金を支払うことを言います。

つまりNORELの場合でいうと、ユーザーは定額料金を支払っている間は、NORELの車に乗ることができる権利を持っている、というわけです。

もちろん同じ車に乗れる期間には条件があったりもしますが、決められた条件の中でお好きな車種に定額で乗ることができます。

購入して乗るには金額的にちょっとハードルが高いな、と思うような憧れの車種でも、NORELで取り扱いがあるなら定額で気軽に乗ることができます。

中古車販売で知名度の高いガリバーが運営

ガリバー店舗

「NOREL」はどんな企業が運営しているのでしょうか。

調べたところNORELは、中古車の買取や販売で知名度の高い「ガリバー」が運営しているサービスです。

NORELで利用できる車は、ガリバーで買い取った中古車なのかというとそういうわけでもありません。新車に乗れるコースもあります。

中古車の流通のノウハウを豊富に持っている企業なので、車の扱いにも慣れています。借りる車も当然ですがきちんと整備され、キレイな車なので安心して利用できます。

どんな車種に乗れるのかは、記事の中盤でご紹介します。

維持費の心配なくクルマを『利用する』という選択

マイカーを購入する時「車本体の購入代金を少しでも安く!」とは思いますが、車に乗り始めてからかかるコストのことはなんとなく忘れがちですよね。

マイカーを購入して乗る場合、乗り始めてからの維持費が結構かさみます。マイカーを所有してからの維持費は、車検、保険、税金、点検、修理代、駐車場代、ガソリン代と色々あります。

ガソリンさえ車に入れればマイカー生活ができるわけではありません。

NORELは定額制の「カーリース」なので車の所有権はNORELが保有したままです。そのため所有にかかる維持費(車検、税金)のコストは、車のユーザーが支払う必要がありません。

NORELで車を利用しても、ガソリン代や駐車場代、メンテナンスコストはかかりますが、マイカーを所有するときよりは維持費を圧縮して「車の乗る生活」を楽しむことができます。

変わるライフスタイルに合わせてクルマを利用できる

NOREL002

どんな車種を選ぶかは、車の乗る人のライフスタイルで変わります。

家族で子供を連れて出かけることが多ければファミリーカー、夫婦二人ならコンパクトカー、春と夏はアクティブに出かけたいからSUVに乗りたい・・・などライフスタイルと選ぶ車は密接に関わります。

自動車を一度購入すると、用途がわかったので別の車に乗り換えるというのはなかなか気軽にできません。かといって、用途や目的の数だけ車を所有するというのも不経済です。

そういうときのNORELのサブスクリプションサービスを利用すれば、気軽にその時々の用途や目的にあった車に乗り換えることができます。

ライフサイクルに合わせて、その時々に最適な車を選択し、乗ることができるのがNORELです。

新車から、乗りたかったクルマまで豊富な車種から選べる

NORELは中古車流通大手のガリバーが運営しているサービスです。

「中古車流通の企業が運営しているカーリースで乗れる車は中古車ばかりなのかな」と思っておられる方もいると思います。

しかし、NORELではBMWとMINIの新車を借りることができるコースもあります。

また、借りられる中古車も使い古した中古車ばかりではありません。2020年1月現在、2019年式の車も利用できる車のラインナップに含まれています。

借りられる中古車は、アウディやフィアットなどの外車から、トヨタ、ホンダなどの国内メーカーまで種類豊富。また車種も、セダンからSUVまで好みや用途によって選べる豊富なラインナップがあります。

NORELの運営会社ガリバーとはどんな会社?

ガリバーロゴ

続いて、NORELを運営しているガリバーについてご紹介します。

ガリバーは、1994年に創業し、中古車の買取・販売事業を展開している企業です。
「中古車買取台数No.1 」「中古車販売台数No.1 」で業界最大手と言えます。

ガリバーの店舗は、ガリバー直営店を中心に日本全国500店舗以上。全国の店舗間で在庫を融通しあうことが可能です。

また新車販売も行なったり、ショッピングモールへ出店する業態を展開するなど、中古車流通にとどまらず新タイプの事業も展開しています。

その新しい業態の一つがNORELなのです。

NORELの口コミを調べてみました

goodbad

NORELについてご紹介する前に、まずはNORELについての口コミを見てみましょう。

実際のNORELを利用した人の声や、サービス内容を知った人の声など色々な口コミがSNSに上がっていました。

何か新しいサービスを利用するときにはメリットにばかり意識が行きがちですが、第三者の冷静な口コミを見ることでメリットだけでなく、デメリットにも注目できます。

今回はツイッターでの口コミをご紹介します。

NORELの良い口コミ

まずは良い口コミから。いい口コミはこれからNORELを利用しようかなと思う方が持つサービスへの「期待感」を代弁してくれているような内容のものが多かったです。

実際の口コミが下記にような具合です。

以上がツイッターで見つけたNORELの良い口コミです。

  • 購入してまでは乗らないような車に乗れて嬉しい!
  • 車の乗る楽しさを実感した!思い出した!
  • 外交購入を検討している人にはオススメ
  • いろんな車に乗りたい人にはオススメ

上記のような内容の良い口コミがありました。やはり気軽に憧れの車種に乗れたことを喜んでいる人のコメントが多く見受けられました。

悪い口コミ

続いてはNORELの悪い口コミをご紹介します。こちらもツイッターから探してきました。

借りることのメリットを感じながらもやはり気になるのは価格のようです。では実際の口コミを見てみましょう。

悪い口コミは主に実際のユーザーよりは、サービス内容を知った人のコメントが多かったです。そしてその悪い口コミは多くは「価格」に関することでした。

価格以外では、「乗りたい車がない」といった口コミもありました。ただそういった口コミは3〜4年前に多く見られました。年々NORELで利用できる車の種類が充実してきているようですね。

NORELの料金は高い?利用料金を調べました!

NOREL料金NOREL料金

先でご紹介した口コミでは「価格が高い」という口コミが見られましたが、実際のところNORELの利用料金はどの程度なのでしょうか。

これからNORELの利用を検討している人も一番気になるのが利用料金だと思います。

「新車の外車も借りれるとなると、もしかして料金がめちゃくちゃ高いのでは・・・」と心配している方もいるかもしれませんね。

ではここからは、NORELの料金体系をご紹介していきます。

まずは中古車か新車かどちらを借りるか決めよう

NORELで借りる車は中古車がいいですか?新車がいいですか?

NORELを利用する場合はまず、新車に乗りたいか、中古車に乗りたいかで、利用するプランを選びます。

それぞれのプランについてご説明していきます。

<中古車の場合>通常プラン:59,800円(税抜)〜

まずは中古車を借りるプランです。

NORELでは中古車を借りるプランを「通常プラン」といいます。

通常プランは、同じプラン内で借りられる車であれば最短90日で、次の車に乗り換えすることが可能です。そのため、3ヶ月程度の短い期間で国内外のいろんな車に乗ってみたい人にはオススメのプランです。

通常プランの金額の中には、対人・対物・人身傷害保険も含まれています。車両保険はついていないので、車両保険が必要な場合はNORELが提供している「NORELケア」への加入が必要です。

先でご紹介した通り、自動車税、重量税の支払い不要、車検の必要もありません。

<新車・登録済み未使用車の場合>BMW/MINI:79,800円(税抜)〜

NORELで新車を借りたい方はBMW/MINIプランを利用しましょう。

BMW/MINIの名の通り、新車のBMWとMINIを借りることができるプランです。メーカーに縛りはありますが、新車購入するよりはリーズナブルに新車の外車に乗れるます。

このプランで借りられる新車は下記の通りです。

<BMW>

X1〜X6、2シリーズ アクティブ ツアラー、2シリーズ グラン ツアラー、4シリーズ クーぺ、4シリーズ グラン クーぺ、5シリーズ セダン、5シリーズ セダン

<MINI>

3DOOR、5DOOR、CLUBMAN、CROSSOVER、CONVERTIBLE、3DOOR JCW、CROSSOVER JCW

このプランも対人・対物・人身傷害保険込みです。また、自動車税、重量税の支払い不要で車検もありません。

このプランは契約期間の縛りはありませんが、走行距離5000キロに到達すると、その月の月末で次の車に乗り換えになります。(5000キロ到達で一旦契約終了となり、一旦車は返却。継続してサービスを利用する場合は、契約更新となります。契約を更新すれば車両を変えてプランを継続することができますが、走行距離が5000キロ未満で車を返却する場合は、別途料金がかかる可能性もあります。(詳しくは利用される際に、NORELの公式サイトで確認してください。))

また5000キロに到達しない場合は、最大で10ヶ月までの利用となります。

契約期間縛りをつければもっとお得NORELが利用できる!

通常プランなどは契約期間の縛りがありません。しかし、NORELには契約期間の縛りがあるプランもあり、通常プランよりもお得にNORELの車を利用することができます。

2年割:39,800円(税別)〜

2年割のプランで乗れる車は、国内外の中古車です。年式は様々ですが、公式サイトを見た範囲では、2年割プランの車の中で一番新しい年式は2018年のものでした。

契約期間の縛りがつけるだけで、月額金額が2万円ほど圧縮することができ、お得です。

2年間は気軽にいろんな車に乗ってみたい、2年後には子供が家を出るなど車に乗る家族の構成が変わる予定など、車を借りる期間が明確に決まっている場合は2年割を利用するのがオススメです。

ただし、2年割は、中途解約不可です。契約前に予定をよく確認しておきましょう。

対人・対物・人身傷害保険込みだけど車両保険をつけるなら追加が必要

通常プランの基本料金に入っている保険は、対人・対物・人身が保証の対象です。

車両の保証はついていないので、車両保険を追加したい場合は、NORELが用意している「NORELケア」に加入する必要があります。

通常プランの含まれる保障内容との比較が以下の表の通りです。

NORELケア保証内容

 

車両保険の追加のみならず、適用人数が2人から5人になったり、人身傷害の保障額が3000万から5000万になったりと、通常プランに含まれる保障内容を強化する内容となっています。

一般的なエコノミー型の車両保険では対象外となる「自損事故」や「当て逃げ」も、NORELケアでは補償対象です。

事前登録をすれば、契約者以外の運転も補償になるので、家族でNORELの車に乗る場合には便利な内容です。

NORELで乗れる車種

NORELの料金体系がわかってくると、この料金でどんな車に乗れるのかが気になりますよね。

NORELでは車種豊富な中古車だけでなく、BMWやMINIの新車に乗ることができるプランもあります。新車から中古車まで選択肢が多いので、乗りたい車が見つかる可能性が高いです。

では、以下でNORELのサイトで紹介されていた、実際に乗れる車をご紹介していきます。

新車

新車プラン

新車プランで選べる新車は、BMWはMINIのいずれかです。

BMWやMINIが好きで購入したいけど、いきなり外車を買うのが不安、まずはしっかり乗って試してみたい人、いつかBMWやMINIを購入したいけど、たちまちのまとまった資金調達が難しい人には嬉しいプランですね。

具体的なクラスは先ほどもご紹介しましたが、車種は以下の通りです。

<BMW>

X1〜X6、2シリーズ アクティブ ツアラー、2シリーズ グラン ツアラー、4シリーズ クーぺ、4シリーズ グラン クーぺ、5シリーズ セダン、5シリーズ セダン

<MINI>

3DOOR、5DOOR、CLUBMAN、CROSSOVER、CONVERTIBLE、3DOOR JCW、CROSSOVER JCW

上記のような新車で購入するにはハードルが高い憧れの車も、NORELなら気軽に乗ることができます。

中古車

NORELスクショ

(↑NORELの中古車検索ページのスクショ。(2020年1月現在))

上記の画像の範囲だけでも、プジョー、メルセデスベンツ、クライスラー、日産、トヨタ、と国内外の車種が借りられる車の対象になっています。

上記のメーカー以外にも、アウディ、フォルクスワーゲン、ホンダ、スバル など国内外のメーカーの車も借りられる車の対象です。

ただし、中古車を借りる同じ通常プランの中でも、借りる車種によって月額が大きく変わってきます。

車種や年式によっては、月額が20万円超える場合もあります。定額サービスではありますが、その点は注意が必要です。(例:年式などにもよりますが、レクサスなら月額20万円超え、BMWなら月額10万円超えというのもありました。※2020年1月現在)

リースできるクルマの具体例をご紹介します

NORELでは実際にどんな車を借りることができるのでしょうか。

新車の場合

新車で借りられるBMWとMINIの車種は上記でご紹介済みです。

それぞれの車種を利用する場合の価格を公式サイトで確認しました。

(※2020年1月現在の情報です。あくまで参考価格です。個別のケースを各自で必ずご確認ください。)

<BMW>

X1:月額79,800円(税抜)〜
X2:月額99,800円(税抜)〜
X3:月額150,000円(税抜)〜
X5:月額200,000円(税抜)〜
X6:月額200,000円(税抜)〜
2シリーズ アクティブ ツアラー:月額79,800円(税抜)〜
2シリーズ グラン ツアラー:月額99,800円(税抜)〜
4シリーズ クーぺ:月額150,000円(税抜)〜
4シリーズ グラン クーぺ:月額150,000円(税抜)〜
5シリーズ セダン:月額150,000円(税抜)〜
5シリーズ ツーリング:月額150,000円(税抜)〜

<MINI>

3DOOR:月額79,800円(税抜)〜
5DOOR:月額79,800円(税抜)〜
CLUBMAN:月額79,800円(税抜)〜
CROSSOVER:月額79,800円(税抜)〜
CONVERTIBLE:月額99,800円(税抜)〜
3DOOR JCW:月額150,000円(税抜)〜
CROSSOVER JCW:月額150,000円(税抜)〜

通常プランの中古車の場合

続いて中古車で借りられる車の一例をご紹介します。

通常プランの中古車は新車プランにおように、メーカーに縛りがありません。BMWやMINI以外の外車(クライスラー、ポルシェ、ジープ、フォルクスワーゲン・・・など)も予約できる状態にあれば、利用可能です。

実際に公式サイトで検索してどんな車を借りることができるか調べてみたので、以下で具体例としてご紹介します。

契約期間縛りなしの場合

TOYOTA アルファード S Aパッケージ タイプブラック(2017年式)
NOREL通常01

走行距離:約20,000km
料金プラン:月額99,800円(NORELケアを追加する場合は+25,000円(月額))

PORSCHE ボクスター S(2009年式)
NOREL通常02

走行距離:約53,000km
料金プラン:月額150,000円(NORELケア: 無料)

HONDA S660 α(2015年式) 
NOREL通常03

走行距離:約30,000km
料金プラン:月額59,800円(NORELケア追加の場合は+15,000円(月額))

CHRYSLER ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ(2012年式)
NOREL通常03

走行距離:約60,000km
料金プラン:月額119,800円(NORELケア追加の場合:+月額30,000円)

スポーツカーやジープなど特徴的な車は、乗ってみたいけど買って乗るには「飽きないか心配」という方もいるかと思います。マイカーは長く乗る前提で無難な車を選びがちですが、NORELなら乗り換えできるので、気になる車種に気軽に乗ることができます。

2年割の中古車の場合

続いて2年割で借りられる車の一例です。公式サイトの車両検索では、2年割で乗ることができる車と通常プランで選べる車が別に出てくるようになっていました。

プランごとに対象になる車が違うようですので、公式サイトで検索をする場合2年割を使いたい場合は、あらかじめ2年割対象車種を検索するようにしましょう。

LEXUS IS 300h Fスポーツ(2014年式)

NOREL2年割02
2年契約の料金:月額79,800円(税抜)
(頭金 48万の場合) 月額59,800円(税抜)
(頭金 24万の場合) 月額69,800円(税抜)

Volkswagen ザ・ビートル デザイン(2013年式)
NOREL2年割ビートル

2年契約の料金:月額59,800円(税抜)
(頭金 48万の場合) 月額39,800円(税抜)
(頭金 24万の場合) 月額49,800円(税抜)

NISSAN デュアリス 20S FOUR(2007年式)
NOREL2年割デュアリス

2年契約の料金:月額39,800円(税抜)
(頭金 48万の場合) 月額19,800円(税抜)
(頭金 24万の場合 )月額29,800円(税抜)

2年縛りは頭金を支払うことができ(新規で2年割の契約をする場合はクーポンコードが必要。NORELに要問い合わせ。)、月々の支払額を少なくすることができます。

クルマを買い換えるつもりで頭金を貯めてきたけど、乗りたい車種が定まっていない、いろんなクルマに乗ってみたい人はオススメのプラン。

NORELを利用する場合の基本の料金以外にかかるコストは?

NORELのサービスやどんな車の乗れるかをご紹介してきました。続いて、実際にNORELで車を借りる場合、NORELに支払うお金以外にどんなコストが必要か確認しておきましょう。

NORELで車を借りる場合に必要なその他のコストはいかの通りです。

  • NORELケア(通常プラン・2年割は車両保障ないため必要な場合が要加入)
  • 燃料費
  • 駐車場代
  • タイヤ交換
  • エンジンオイル交換
  • バッテリー交換
  • 冷却水交換
  • ブレーキオイル交換
  • ウォッシャー液追加
  • 電球交換
  • ブレーキパット交換
  • ワイパーゴム交換

※その他消耗品の補充はユーザー負担です。乗っている期間の消耗品の補充、交換はユーザ負担各種メンテナンスもサービス対象外

乗っている期間の消耗品の補充、交換はユーザ負担です。この点はマイカーと同じです。

しかしマイカーと違うのは、メンテナンスのついでにちょっと使い勝手がいいように自分の好みの感じに車をカスタマイズすることがNORELの車の場合はできません。

ちなみに、NORELでは車を借りる代金の他に年会費が以前はかかっていました。しかし、年会費は2018年に撤廃になっています。

初月は運搬費がかかるので要注意

NORELで通常プランと2年割プランを利用する場合、新しい車種に乗り始める初月だけは、「運搬費」として別途コストが必要です。

<NORELの運搬費の例>

  • 23区内=5,000円〜(税抜)
  • 北海道〜沖縄県=130,000円〜(税抜)

※上記の運搬費は公式サイトに運搬費の例として記載されていものを転載しています。車種や運搬先によっては、金額に変動がある可能性もあります。利用される場合は個別のケースを各自でご確認ください。

ケースによっては運搬費だけで10万円を超えるので、それなりにまとまった出費になってしまいます。要注意です。

NORELのメリット・デメリット

メリット・デメリット

NORELについてご紹介してきました。ご紹介するためにNORELについて調べてわかったメリット・デメリットをご紹介します。

乗り換えの気楽さや、高級車に乗る憧れを気軽に叶えることができるメリットの一方で、借りて乗るゆえのデメリットもあります。

メリットばかりに目を向けず、デメリットも把握した上でNORELの利用を検討してみましょう。

デメリット

まずはデメリットからです。

  • 乗りたいクルマは順番待ちでしか乗れない可能性もある
  • 料金が安い訳ではない
  • 利用し続けてお金を払い続けても自分の車になることはない
  • 好きなカスタマイズができない
  • 5年以上同じクルマに乗るなら購入する方がお得なケースが多い
  • ペットを乗せての利用は不可
  • 走行距離の制限がある(新車プランは期間を通じて5000キロが上限、中古車プランは月間平均走行距離2,000kmまでは定額。月間平均2,000kmを超えは、追加料金 (月額利用料の20%×利用月数) が発生。)
  • 支払い方法がクレジットカードのみ
  • 支払いにデビットカードの利用できない

車を購入し所有するよりは気軽に車に乗ることができますが、やはり車の所有権がユーザーではなくNORELの有る限りは、車を「自由に使いこなす」ということに制限がかかってしまう点がデメリットと言えるでしょう。

居住地区にもよりますが、車は生活の一部、足のようなもの、という人もいます。

毎日乗る車を自分の使いやすいようにカスタマイズすることもできませんし、借りてきた状態が気に入って乗っている車でも走行距離の制限があるので、ずっと乗り続けることができません。

また、昨今はペットを飼っている人も多いですが、NORELの車両はペット不可です。NORELの車だけを利用している場合、ペットと一緒にドライブに行きたい時や、ペットの急病などで動物病院に車で連れて行きたい時など、困るケースもありそうです。

あとはコストの面。選ぶ車種によっては月々の支払額が10万円近くかかります。

また、車検や税金はかかりませんが、普段のメンテナンスや燃料費は当然ですが自己負担です。通常プランの場合は乗り換えの際には車の利用料以外にも運搬費が別途かかります。

憧れに高級車に気軽に乗れた理、短期間で車を乗り換える気軽さはありますが、それなりにコストがかかることは念頭に置いておきましょう。車種にこだわりがなく、車にとにかくお金をかけたくない人は、NOREL以外の選択肢もありそうです。

また支払い方法の選択肢が少ないことも、デメリットです。NORELはクレジットカード払いでしか利用することができません。即時決済がかかるデビットカードは利用することができません。

キャッシュレス化が進んできた昨今ですが、できれば利用と精算の時間差がない方がいいという人もいるかと思いますが、現金払いや銀行引き落とし、デビットカードも利用することができないので、クレジットカードを使いたくない、という人にはデメリットです。

メリット

続いてメリットをご紹介します。「豊富な車種を気軽に乗り換えられる点」が一番のメリットにように感じるかもしれませんが、実はそれ以外にもメリットが多くあります。

  • 最短90日で気軽に車を乗り換えることができる
  • 国内外の様々なメーカーの車に乗ることができる
  • ネットで手続きができる
  • 定額制なので使う前に料金がわかりやすい
  • 「長割」があるので長く利用するほどおトク
  • 車検・税金は不要 マイカーを持つよりは維持費は安くつく
  • 車種が豊富・憧れの車種に買うより安いコストで乗れる
  • 「わ」ナンバーではない
  • 気軽さ(乗り換えやプラン変更可能)
  • クレカ払いができる

やはり、マイカーとして購入するにはハードルの高い憧れの車種やその他国内外の豊富なバリエーションの車種を、「気軽に」利用できることや、その維持費を抑えることができるのがNORELの一番のメリット・魅力です。

また利用中の乗り換えなどの手続きもネットでできるため、いちいち店舗に出向いて相談や手続きをする必要もありません。この点でも「気軽さ」のメリットがあります。

料金体系も月額定額のため、月間でどの程度のコストになるのかをあらかじめ想定して車を借りることができるのも良いところです。

NORELには「長割」というプランもあります。これは「対象車両がか月目から月額料金とNORELケア料金の割引が適用される」というものです。例えば下記のようなイメージです。

NOREL長割
長く使うほどおトクなプランです。5ヶ月以上車を借りる予定であればNORELで長割対車種を選ぶとお得に乗ることができます。(ただし、長割対象車種は整備や配車に時間がかかる場合があるそうです。利用前に確認しておきましょう。)

あと、車を借りるときに気になる人は気になるのがナンバープレートです。

憧れの車種が自分の車庫に停まっているけど「わナンバー」というのがどうしても嫌だ・・・という人もいることでしょう。NORELの車両はレンタカーと分かる「わ」ナンバーではありませんのでご安心を!

また、デメリットの項目で「支払い方法がクレジットカードのみ」という点をあげましたが、これに関しては人にとってはメリットになり得ます。

世間のキャッシュレスの流れでクレジットカードを利用する人も多いと思います。NORELはクレカ払いに対応しています。高級車種を借りれは月々の支払い額もそれなりの金額になりますので、、クレカのポイントも貯めやすいですね。

NORELの利用申し込みと解約の方法

NOREL手続き

ここまででNORELの特徴や仕組みやメリット・デメリットがわかってきました。NORELを使ってみようかな、と考え始めた人もいるのではないでしょうか。

では、ここからはNORELを利用する際の手続きについてご紹介していきます。NORELは基本的にはネットと郵送で利用開始や乗り換えなどの手続きが可能です。

ただし、NORELは従来のレンタカーのようにネットで手続きして翌日には利用できるようなことなないので、NORELをこれから利用する方、は車が必要な日から逆算して1ヶ月程度前には手続きを開始しましょう。

以下で手続きを詳しくご紹介していきます。

NORELの利用申し込みの流れ

NORELを初めて利用する場合には、最初にネットで申し込みののち、郵送で必要書類を送り手続きを進めていきます。では順を追って手順を説明していきます。

手続きに日数のかかるものは、目安の日数もご紹介していますので参考になさってください。

1・ネットで会員登録をして乗りたい車を検索しよう

まず最初にすることは、NORELの公式サイトへの会員登録です。会員登録自体はコストがかかりませんので、安心して登録してください。

会員登録後、ログインした状態でNORELで利用できる車を検索してみましょう。

NORELログイン後

ログイン後、画面を下にスクロールすると上記のように3つのプランが表示されます。さらにスクロールすると下記のような「料金プランを詳しく知る」「利用手順」「対象車種」という3つのボタンがプランごとに表示されています。

NORELボタン

利用する車を探したい場合は「対象車種」のボタンをクリックしましょう。すると下のような画面が表示されます。

NOREL検索画面

利用したい車が見つかったら、その車の箇所を選択して詳細な情報を確認しましょう。

自分が乗りたい車の条件を満たしていたら、予約手続きに進みましょう。

2・予約を入れる

パソコン操作

乗りたい車を見つけたら予約を入れます。予約は車両の詳細な情報画面の下部に「予約手続きへ」のボタンがありますので、それを押して予約手続きを進めていきましょう。

予約手続き画面では

  • 『NORELケア」などのオプションの付加の要否
  • タイヤ交換の要否
  • 受け取り店舗の指定
  • 契約者情報
  • 審査情報

などを入力していきます。契約者情報の入力の際には運転免許証が必要です。手元に準備して手続きを進めましょう。

入力項目が多いので、少し時間がかかるかと思いますが、難しいことはありません。画面の案内に沿って手続きを進めると予約完了です。

3・書類の準備・送付(10日程度必要)

ネットからの予約手続きが完了したら、NORELからキットが送られてきます。このキットには必要書類を返送するための返信用封筒や必要事項を記入する書類です。

必要な書類を取り寄せ、書類に必要事項を記入して、NORELへ返送します。返送する際に送るものは下記の通りです。

<NORELへ返送する書類>

  1. 住民票(コンビニ、市役所などで取り寄せ可能)
  2. 車庫申請書(書類を記入して返送)
  3. 委任状(書類を記入して返送)

書類の不足や不備があると次のステップに進むのに時間がかかりますので、不備不足が内容によく確認をして手続きを進めましょう。

4・納車予約(14日程度必要)

返送した書類が不備・不足なくNORELで受理されると、「納車予約」ができるようになります。(およそ14日程度かかります。)

NORELのサイトにログインすると、納車予約ができるようになりますので借りる車両を受け取る日時を指定してください。

5・納車(受け取り)

納車予約で指定した日時の、指定した店舗で予約した車両を受け取ることができます。納車されたらカーライフを満喫しましょう。

書類等に不備・不足がなく、スムーズに手続きが進めば最短で24日で納車可能です。しかし、何かしら不測の事態が起こる可能性もありますので、車を使いたい予定が決まっている場合は、余裕を持って約1ヶ月前には手続きを開始するのがオススメです。

車両の乗り換え

車乗り換え

乗り始めた車を、次の車の乗り換えたい場合は乗り換えの手続きを取りましょう。乗り換えは次の車をNORELのサイトから予約手続きをして、現在乗っている車の利用期限までに乗り換えます。

予約した車両が届くまで最短でも24日、長くかかると1ヶ月半程度かかります。余裕を持って予約を入れておきましょう。

ちなみに乗り換え前と乗り換え後の車両で月額料金が異なる場合は、それぞれ日割り請求となります。

新規の予約も、乗り換えの場合も、手続きには時間が必要です。早めに手続きを始めることをオススメします。

乗り換えも新規利用開始と同じく、店舗で納車となります。

NORELの返却・解約

続いて、NORTELの返却・解約の方法です。返却・解約も手続きはネットから行います。

退会・返却に場合は、NORELのサイトにログインした上でお問い合わせフォームからNOREL事務局まで返却・退会の意向を申し出ることでその手続きが開始されます。

返却日(退会のご連絡から8営業日以降)と返却店舗がその後決定します。決定した日時に店舗へ車両の返却に行きましょう。

新車のプランの場合

新車のプランは、原則として「走行5000Kmまたは、10カ月まで」の契約です。

仮に5000Km走行到達前に10カ月以内で解約する場合は、別途解約清算金が発生する場合があ理ますので返却・退会の際には要注意です。

距離か期間も不足の状態で返却や退会をしなければならない場合は、事前にNORELへ解約清算金について確認しておきましょう。

中古車プラン(通常プラン・2年割プラン)

<通常プラン>の場合は、最低利用期間は最短3ヶ月、以降1ヶ月ごとの更新でいつでも解約可能です。期間途中の返却でも、返却日による日割りの計算はありません。

<2年割>は契約期間に縛りがあります。2年割は中途解約不可です。契約が切れるときに、退会手続きを取りましょう。

ちなみに、車両の「返却」は契約情報(クレカの情報など)がNORELに残ります。退会はNORELに渡した個人情報情報が消去されます。

ひとまず車に乗る予定は終わって車両は返却するが、また必要の応じてNORELを利用する可能性がある場合は退会手続きは取らないで置くと、また利用を再開するときには個人情報を出し直す手間が省略できます。(ただし、期間が開きすぎた場合などは最後手続きが必要な場合もあります。)

まとめ)NORELはこんな人に向いている

今回は車のサブスクリプションサービス「NOREL」をご紹介しました。

乗り換えの気軽さがある一方で、車を借りて乗るゆえのデメリットもあることがわかりまし。この記事の中でご紹介した仕組みや料金体系を踏まえて、NORELを利用するのに向いている人は下記の通りです。

  • 短期間(3ヶ月以上5年未満)にクルマが必要な人
  • いろんな車種に気軽に乗り換えたい

上記のとうな人にオススメです。また、下記のような人

  • 気に入った車種があり5年以上は乗るつもり
  • 月に数回しかクルマには乗らない

には、NORELはオススメできません。マイカーを所有したり、必要な時だけ一般的なレンタカーを借りる方がお得です。

NORELは、誰が使ってもメリットが享受できるサービスではありません。NORELが提供するサービスにニーズが合う人にはお得で、クルマに乗る楽しみが広がるサービスと言えます。

まずはNORELのサイトで無料会員登録をして、どんな車両が利用できるかあなた目でチェックしてください!