スズキ

新型スペーシア(MK53S型)は打倒タント・N-BOXを賭けた意欲作!

スペーシアカスタムmk53s




軽スーパーハイトワゴンの金看板となったダイハツ・タントシリーズに押され、販売面で大幅な譲歩を強いられ続けてきた軽自動車界のスペシャリスト・スズキ。

昨年2017年はモデルチェンジしたホンダ・新型N-BOXにも劣勢を強いられ、非常に苦しい展開に甘んじておりましたが、それを打破しようと2017年12月に2代目へとモデルチェンジした新型スペーシア。

先代の大きな問題点となっていたデザイン性を中心に、新型モデルに匹敵する改良が加えられたことにより、タント・N-BOXの牙城を崩す3番手に名乗りを上げました。

今回は、ついに公道デビューを果たしたスズキ期待の一台・新型スペーシアと新型スペーシアカスタムの撮影画像とレビューをお届けさせて頂きます!

新型スペーシアはボディの厚みと広さが際立った改良が◎!


先代スペーシアはあまりにもシンプルなスタイリングにより、ダイハツ・タントシリーズと比べ「没個性」という印象を受けるクルマでしたが、今回のモデルチェンジではその弱点を見直し。

誰もが一目見ただけで大きさと広さ、ボディーの厚みが分かるように変化。

プレス発表会では「モチーフはスーツケース」という意外な発表までありました。

モチーフについてはさておき、女性のような柔和な表情とポップさを感じるそのボディは、先代とは比べるまでもない”個性”を主張するように。

広報によれば全高を50mm拡大したとのことで、それに伴い室内幅25mm・室内高35mmとサイズアップ。

このサイズは歴代スズキ車の中でも最高に近い数値で、タントに追いつくために研究を重ねた苦心が見て取れました。

2代目の姿は好みが分かれやすいと感じたものの、新型スペーシアは女性ウケするファニーさと利便性を意識した、スズキの意識改革の象徴とも言えるクルマへ生まれ変わったと言えます。

新型スペーシアカスタムはワイド感と押し出しのよさが◎!

標準仕様の新型スペーシアは、男性よりも女性を意識した優しいボディデザインとなりましたが、ワイドグリルがアイコンであったスペーシアカスタムはどのように生まれ変わったのでしょうか?

モチーフ自体は同一ですが、大きなメッキグリルと切り立ったスクエアなボディが標準モデルとの差別化の上でのアクセント。

角は丸みを帯びたものながら、エアロ仕様車らしい押し出しのよさが際立っております。

車体サイズは軽自動車規格に則った従来モデルと同一の長さですが、ロングホイールベース化により大人4人が乗り込める適度な広さを確保し、カジュアルな印象も。

この作りはミニバンタイプのクルマによく見られる手法のひとつですが、気負わず乗れる”軽自動車”というジャンルでは、こういったスニーカーに通じる親しみやすさの方が合っているように感じられました。

基本は先代からのキープコンセプトながら、随所にN-BOXを意識したカジュアル感が見られるようになった新型スペーシアカスタムは、「試乗してもらえれば勝てる」と喧伝されていた先代モデルに対し、「試乗してみたいと思わせるクルマ」に変化したと言えるでしょう。




新型スペーシアは内装の親しみやすさと居住性が大幅UP!

ルックスの面で大幅に変わった新型スペーシアですが、クルマはやはり乗り物であり、室内空間の雰囲気は重要チェックポイントのひとつです。

ビジュアル性もさることながら、新型スペーシアは内装面でも大幅な変更が加えられており、かなりカジュアルな印象を受けました。

(引用・スズキ公式サイト
先代スペーシアと比べ一目瞭然ですが、助手席側のインパネアッパーボックスは、まさにモチーフとなった「スーツケース」そのもの。

装飾パネルの光沢感は好き嫌いが分かれそうですが、個人的には決して嫌みさを感じないものだと思いました。

このインテリアデザインは、今やベストセラーとなったスズキ・ハスラーのイメージに近いものがあり、ポップ&カジュアルが隠れたコンセプトとして感じられました。

居住性は適度なフラットさで適度なタイト感もあり、息苦しさを感じさせないだけのゆとりある室内空間をキープ。

(引用・スズキ公式サイト
特に後部空間のアレンジ性と居住性の高さは目をみはるものがあり、上記画像のようにシートスライド幅も十分以上。

左右分割で前後スライド幅が大きく、積載スペースのアレンジも自由自在のしっかりとした作りが印象的。

さらにシート格納方法もワンタッチダブルフォールディング式に変わったことにより、先代以上にフラットなラゲッジルームを作り出せるようになったことは、近年流行となっている「車中泊」にも適した仕様だと言えます。

こうしたレジャー用途・積載性能と言った面から検証してみると、新型スペーシアは十分期待に応え得るものを与えられた、手軽で便利な乗り物へ生まれ変わったと言えるでしょう。

新型スペーシアは果たして”買い”か?


先代スペーシアと比べ、大幅に個性が豊かに生まれ変わった新型スペーシアですが、価格設定は少々割高感アリ。

もっとも安い2WD・CVTモデルで130.5万円、衝突被害軽減ブレーキを搭載した4WD・CVTモデルで141.7万円(いずれも税抜)。

ダイハツ・タントの新車販売価格が142万円ですので、こちらと比べれば安く設定されてはいるものの、評判のよさで選ばれる方にとってはちょっとした冒険になるかも知れません。

しかし、スズキ軽自動車のウリであるタフさとこの個性的なルックスを加味して考えてみると、期待を寄せるには十分な魅力があります。

近々クルマを乗り換えるようか迷っておられるならば、この新型スペーシアは十分検討に値するだけの材料が揃った新型車のひとつだと言えるでしょう。

スライドドア付き軽自動車
スライドドア付き軽自動車のおすすめ人気ランキング10車種! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 軽自動車...