ダイハツ

タントエグゼ(L455S/L465S型)の性能・評価!上質感あるデザインは軽自動車を超越




ダイハツ タントエグゼ基本情報

販売期間 2009年12月 – 2014年10月
乗車定員 4名
ボディタイプ 5ドア軽トールワゴン
エンジン KF-VE型 660cc 直3 DOHC DVVT
KF-DET型 660cc 直3 DOHC インタークーラーターボ
駆動方式 FF/4WD
最高出力 58ps/7,200rpm(N/A車)
64ps/6,000rpm(ターボ車)
最大トルク 6.6kgf·m/4,000rpm
10.5kgf·m/3,000rpm
変速機 4速AT / CVT
サスペンション 前: ストラット式
後: トーションビーム式(FF)/3リンク式(4WD)
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,730mm
ホイールベース 2,490mm
車両重量 870-980kg

 

子育てに励むファミリー層向けに開発された「ダイハツ タント」は、車高の高さを活かした空間と充実した装備の数々で高い人気を獲得し、ダイハツを軽自動車売上ナンバー1メーカーに成長させました。

しかし、その一方で過剰すぎるほどの豪華装備を好まないファミリー層の声もあり、その車高を活かした派生モデルの登場に期待が寄せられていました。

そんなファンの声に応える形でリリースされたのが、豪華装備をよりゆとりある空間に置き換えた大人向けの軽トールワゴン「タントエグゼ」。

2009年から2014年まで生産販売され、タントのスライドドアを敢えて4ドアに置き換えた汎用性の高さが光る一台です。

今回は、3代目タントに統合される形で後のダイハツ車に空間性の大事さを教示した「ダイハツ タントエグゼ」についてご紹介させて頂きたいと思います。

初代タントL350S&L360Sの燃費や維持費は?と記載されているタントのアイキャッチ
初代タント(L350S&L360S)は広さと積載性がウリ!燃費や維持費も紹介 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今すぐ初...

スポンサーリンク


ダイハツ・タントエグゼは60kgの軽量化に成功した運動性の高さが魅力


http://kakaku.com/item/K0000078619/

「ダイハツ タントエグゼ」は、タントの豪華装備を取捨選択したことにより、60kgの軽量化に成功した軽トールワゴンです。

「ダイハツ ムーヴ」といった軽トールワゴンよりは高く、ベースモデルのタントよりは低いという中間的な高さに抑え、走行時の重心バランスが改善されました。

重心の高さの影響をダイレクトに受け、コーナリング時には強烈なロールの影響によって高速走行の不安を抱えていたタントに比べ、このタントエグゼは高速でのコーナリング時も安心して走らせることができるように変化しています。

成人男性およそ一人分という軽量化により、全体的に重心が低くなったことによる恩恵のひとつですが、上位グレードの「タントエグゼ RS」にはさらにフロントスタビライザーを追加。

これによって軽トールワゴン車としては非常に安定した車体挙動となり、RS専用のターボエンジンのハイパワーとの相乗効果で抜群の運動性能を誇る仕様へと生まれ変わりました。

ダイハツ・タントエグゼは「ちょうどよい空間性」で大人の余裕を演出

ベースモデルのタントよりトールダウンしたタントエグゼですが、頭上に余裕を持たせることに重きを置いたタントに比べ、日本人向けのジャストサイズを追求した空間性が大きな特徴と言えます。

その秘密は車高のダウン化とフロントピラーの寝かせ方にあり、広い視界と視認性の良さを追求すると同時に、「落ち着かない広さ」よりも「ストレスを感じさせないゆとりの広さ」に生まれ変わらせた重要ポイントとなっています。

ダイハツ自身が「大人のタント」と公言したように、タントエグゼは天井のイルミネーションランプをブルーにし、シックさを感じる内装とセットで非常に落ち着いた雰囲気へと様変わりさせています。

他のメーカーであればやや行き過ぎてしまいそうなこの変更も、軽自動車を知り尽くしたダイハツならではのセンスにより、一種のムーディーさを持ったものに昇華させている点は流石と言うべきでしょうか。

ムーヴよりも余裕があり、タントよりも落ち着く車内空間を持ったタントエグゼは、軽自動車にとって理想的な「ちょうど良い空間性」を重視した大人向け軽自動車と言える存在です。

スポンサーリンク


ダイハツ・タントエグゼはねらい目の価格帯


http://www.goo-net.com/car_info/newmodel/DAIHATSU/TANTO_EXE/

現在の主流となった軽トールワゴンよりも高く、ハイトールワゴンであるタントよりも低いという絶妙なサイズのタントエグゼは、中古車市場ではかなり狙い目の車種のひとつです。

まず第一の理由として挙げたいのは、「他メーカーにライバル車が存在しておらず、なおかつ3代目タントとの統合で割安感がある」ということ。

現在の中古車市場でのタントの平均相場価格が134.3万円という金額であるのに対し、タントエグゼは半分程度の68.8万円。

2008年式のタントは50万円~という価格設定が相場となっていますが、同年式のタントエグゼは10万円台から探すことができます。

これだけの価格差があると過走行などの条件が気になるところですが、子育てファミリー層を狙ったタントに比べ、タントエグゼは子育ての落ち着いたファミリー層向けということもあり、むしろタントよりも低走行の車両が中心となっています。

これは家族でのドライブ・行楽に使う機会が多いタントよりも上の世代を狙ったことによる嬉しい副産物と言え、広々とした車内空間を持つクルマをお探しの方にとって非常にお買い得です。

すでに2014年をもって生産を終えたモデルですが、ダイハツによって消耗品・新品パーツの供給も行われており、リビルトパーツも豊富に流通しているため維持の面でも安心して乗り続けることができます。

さらにタントよりも軽い車体重量の恩恵により、タント比でリッター平均1km以上の高い燃費性能となっており、維持性・快適性・実用性・デザイン性と見所も満載。

これだけ多くの見所が詰まったタントエグゼは、運転免許取立ての初心者ドライバーから熟年のベテランドライバーの方まで幅広くおすすめできるお買い得車種のひとつと言えるでしょう。

ファミリーカーec
子育て世代に人気ファミリーカー | 選ぶ時のポイントとおすすめ車種! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 結婚した...