ダイハツ

ダイハツ ネイキッド(L750/760S型)はむき出しデザインが魅力の個性は軽自動車




ダイハツ ネイキッド基本情報

販売期間 1999年11月 – 2004年4月
乗車定員 4名
ボディタイプ 5ドアセミトールタイプワゴン
 エンジン  EF-VE型 660cc 直3/EF-DET型 660cc 直3 ターボ
 駆動方式  FF/4WD
 最高出力  58ps/7600rpm 64ps/6400rpm
 最大トルク  5.6kgf·m/4,000rpm 10.5kgf·m/3,600rpm
 変速機  5速MT / 4速AT
 サスペンション  前:コイルスプリング 後: トレーリングアーム
全長 3,395mm
全高 1,550mm
ホイールベース 2,360mm
生産台数 8万3552台
 車両重量  820-890kg

 

ダイハツイキッド(L750/760S型)は軽自動車きっての個性派


https://ucar.carview.yahoo.co.jp/model/daihatsu/naked/

オートバイという乗り物のジャンルにおいて、圧倒的な人気を誇っている定番ジャンルが「ネイキッド」です。

鉄そのもののメタル感とエンジンなどを露出した剥き出しのスタイリングは、飽きのこないシンプルサと奥の深い味わいがあり、メカ好きの男性を中心に普遍の魅力を持っています。

その「ネイキッド」のコンセプトをそのまま採用し、1999年にダイハツから発売されたのが「ダイハツ NAKED(ネイキッド)」です。

1997年の「東京モーターショー」に出展されたコンセプトモデルそのままのスタイリングで市販化され、ルノーなどの欧州メーカーに通じる実用性・合理性を全面に出し、「剥き出しの金属感」でマニアックな人気を得ました。

今回は、メカ好き男子には堪らない魅力を持った軽自動車界きっての個性派「ダイハツ ネイキッド」についてご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク


ダイハツネイキッド(L750/760S型)は維持と実用性に優れた個性派ミニワゴン


https://ucar.carview.yahoo.co.jp/model/daihatsu/naked/

「ダイハツ ネイキッド」の特徴は、鉄の塊感を用いたメカニカルなそのスタイリングにあります。

無造作に外側からボルト取り付けされたフロントグリルやバンパーなどを始め、オートバイの「ネイキッド」同様のカスタムしやすいスタイリングを持っています。

平たく鉄板そのものといった素材に深い凹凸を施すことにより、さらにメタル感を強調した4枚のドアなど、外装面では無骨さを強調しながらも、どことなく愛嬌のあるデザインを持った独特のルックスがマニア層からの支持を得ています。

外部に露出した各構成部品はメンテナンス性に優れ、日曜大工のような気軽さで修理・カスタム可能な点もネイキッドならではの魅力のひとつと言えるでしょう。

一般的に求められる水準を維持しながらも華美な塗装仕上げをしていないこともあり、ネイキッドは維持費という面においては非常に経済的。

セミトールワゴンというジャンル上、車体後部の居住性・積載性も十分なものがあり、ネイキッドは自動車免許取立ての方からベテランドライバーまで満足できる実用性の高さを兼ね備えた実用的なミニワゴンとなっています。

ダイハツネイキッド(L750/760S型)は無骨なスタイリングの中に光る利便性が魅力


http://www.goo-net.com/catalog/DAIHATSU/NAKED/10004201/

ダイハツネイキッドはその無骨なスタイリングから、(ローコスト重視のエコノミーモデル)といった評価をされがちですが、細部をよく見ると利便性の高さも見所満載のモデルです。

インテリアにも鉄板を露出させたデザインが採用されていますが、マグネットタイプの携帯電話・ドリンクホルダーといったものを好きな位置に取り付けることができ、カスタマイズの自由度はこのネイキッドならではのものと言えます。

また、セミトールワゴンという構造上、居住性を重視した着脱式リアシートを採用しており、リクライニングポジションへの変更も可能となっています。

この自在性はファミリーカーとしても優秀で、乗車人数や目的に合わせた柔軟な対応力があり、軽自動車という制限の中では非常に高い応用力があります。

今では軽自動車でも一般化した「キーレスシステム」も一工夫あり、ドアを閉めて一定距離離れると自動でロックされる「キーフリーシステム」を採用。

防犯上使い勝手のよいこのシステムは、宅配業に適したセキュリティシステムとして十分なものがあります。

このセキュリティ機能は所有者が近づいた際には自動でロックが解除され、年少のお子様がおられる家庭にも嬉しい機能と言えます。

無駄を省いた合理性と柔軟な対応力、確かな積載性能と実用性は非常に高く、ファミリーユース・ビジネスユースの面では軽自動車というジャンルの中でもトップクラスの実力車と言えるでしょう。

ファミリーカーec
子育て世代に人気ファミリーカー | 選ぶ時のポイントとおすすめ車種! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 結婚した...

スポンサーリンク


ダイハツネイキッド(L750/760S型)はコスパに優れた多面性が大きな魅力!


http://sakurabunama.blog87.fc2.com/blog-entry-47.html

「ダイハツ ネイキッド」は、最終的な販売台数10万台以下と少なく、軽自動車シェア率の高いダイハツとしては珍しく短命に終わったクルマです。

デザイン性・実用性・合理性は専門家から高い評価を得たものの、一般受けするデザインでなかったことがその原因と言われています。

しかし、このスタイリングはメカ好きの男性を中心に根強い人気があります。

スズキから軽自動車ジャンルシェア率No1の座を奪取したダイハツならではの基本性能を持っており、生産終了から10年以上を経た今でも十分使えるタフさがあります。

「ダイハツ ネイキッド」には直列3気筒のN/Aとターボエンジンの2種類が採用されていましたが、低速から程よいトルク感を発揮するエンジン特性により、高回転域を多用した中古車独特のヘタリ感が少なく、中古車で購入した場合でも信頼性は高めです。

そうしたタフさが評価されてか、中古車販売業者ではネイキッドを安価で販売することで割安感をアピールしている業者も多く、コストパフォーマンスの面からも優秀な存在です。

このため下取り・買取査定時にはさほど高い評価額は望めませんが、耐久性・信頼性に優れたエンジンとカスタムしやすいスタイリングは遊びを楽しみたい方には最適で、クルマに実用性・機能性・ホビー性を求める方にとってはまたとない格好のクルマと言えます。

最近では車両価格が10万円以下というネイキッドも珍しくなくなってきましたが、メタリックな外観を活かしたハマー風のカスタムも根強い人気があり、チューンドカーのベースとしても面白い存在と言えるでしょう。

【カッコいい&かわいい軽自動車】男女別のおすすめ人気車種ランキング (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 軽自動車...